どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/05/30

人生とアトピー


関連記事:「恋愛とアトピー」「女性とアトピー


今回はいきなりデカイタイトルをつけました。が、アトピーが人生に与える影響って小さくない、いやとても大きいと思います。

幸いにも僕自身は、アトピーによって人生を狂わされたとは思っていませんし、アトピーでなくても恐らく大きな違いは無く、逆にアトピーによって得るものもあったと思えています。しかし、(実際僕も重症アトピーを経験していますから分かりますが)アトピーによって、大きな変化があったという人も多いんじゃないでしょうか。

アトピーであることに引け目を感じ、それを払拭するためにエネルギーを使うことによって、有名になったという方もいらっしゃいます。例えば…
雨宮処凛さん

「アトピー性皮膚炎」(1)級友の偏見にゆがめられた

周囲の偏見に、性格までゆがめられた。「アトピーでなかったら、人生違っていただろうな、と今も思います」

とのこと。

細かいことを思い起こせば、確かにあります。それは、今は症状がほぼ完治しているから冷静に振り返れることなのかもしれませんが、周囲の目を気にし、この痒ささえ無ければ自分の目指す方向に向かって全力が使えたのに…とか。

でも、今30を越えて、ちょっと引いたところから見てみると、逆にこれから頑張ろうなんていう気持ちになってきています。

イマイチ着地点のよく分からない記事になってしまいましたが、アトピーという病気を考え、今闘っている人のブログを色々と読ませてもらって、今後の自分の人生について、ちゃんと考えようというような感じになってきました。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 自分 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

2006/05/30

【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.2kg 体脂肪率16%


関連記事:
【1】アトピーの記録 幼少期
【2】アトピーの記録 小学生時代
【3】アトピーの記録 中学生時代
【4】アトピーの記録 中学生~高校生時代
【5】アトピーの記録 大学受験前後
【6】アトピーの記録 大学入学直後
【7】アトピーの記録 大学入学後 初期


今でもそうなんですが、つくづく僕は「医者に行くのが嫌」なタイプの人間なんです。理由はやはり、酷い症状を人に見せたりするのが嫌(嫌とまではいかなくても面倒)ということかもしれません。これが進行してくると、外に出るのが嫌(面倒)になってきたりしますね。

大学時代、つまり一人暮らしを始めて、徐々にアトピーの症状も悪くなってくるのですが、やはりなかなか医者に行きませんでした。それが深刻な悪化に繋がってしまった一つの原因でもあったのかもしれません。親と同居していれば、症状を指摘され、嫌々ながらも医者に足を運んでいたかもしれないとは思っています。

大学時代も、ある時期から頻繁に通院、そして入院となるのですが、それまでは「自分でなんとかしたい」という思いが強かったように思います。

アトピーが進行してくると、自分なりの対処法を試してみたりしていました。バカバカしいことも含めて、こんなことをしていました。

「寝ない」
「風呂に入らない(洗わない)」
「痒い箇所ではなく、目立たない別の場所を掻く」
「ドライブに行く」

今回ちょっと長くなりそうなので、それぞれについては、次回以降に説明をしてみたいと思います。なお、あくまでこれは試してみたものであって、「間違い」も含む方法ですので気をつけて下さい。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 自分 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/04/24

【7】アトピーの記録 大学入学後 初期

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.2kg 体脂肪率16%


関連記事:
【1】アトピーの記録 幼少期
【2】アトピーの記録 小学生時代
【3】アトピーの記録 中学生時代
【4】アトピーの記録 中学生~高校生時代
【5】アトピーの記録 大学受験前後
【6】アトピーの記録 大学入学直後


このブログで「アトピーの記録」と題して、過去の自分を振り返るいい機会を貰っているような気がします。ここには当然、過去のアトピーのことを書いていきますが、それと同時にその頃の(アトピーと関係の無い)色々な記憶のふたが開いてくるわけです。(それは書かないですけど…)

で、大学にも入学し、大学生活を普通に送り始めた頃のことを書きたいと思います。夜更かしとか無茶な飲み会とかは、アトピーには良くなかったかなぁとは思いますが、楽しかったので良かったんじゃないかと思ってます。

細かいことを思い出すと、大学の教室って後ろの人との距離がやけに近かったような感じがしていました。つまり、高校まではちゃんと椅子と机が一人づつありましたが、大学では椅子の背あての部分がそのまま後ろの人の机の感じ。その頃は、頭の皮膚の調子も悪く、大きなフケが出ていたのでそれが気になっていた記憶があります。

あと、「アトピーにはニンジンのジュースが良い」ということで、親がとても多くのニンジンジュースを送ってくれたことがありました。(参考サイト)でこれは「飲まないと!」と思い、そのニンジンジュースばかりを一気に飲んでしまって、余計に症状が悪化した記憶があります。確かに、ニンジンジュースはアトピーに良いのかもしれませんが、他の食品と一緒にバランスよく摂取する必要があると思いますね。

そして、通院や入院をするのは、もう少し先になります。では!


このサイトの管理者がまじめに商品を紹介しているサイトはこちら!
アトピー商品紹介サイト
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 自分 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/02/01

【4】アトピーの記録 中学生~高校生時代

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り

アトピーの記録。前回は、「中学生時代」ということで簡単に書かせて頂きました。が、30も越えると、正直言って中学だったか高校だったかが曖昧になってきてます。

ということで、今回は「中学生~高校生時代」ということにさせて頂きました。その頃の皮膚の状態は、「それほど悪くない」という状態です。ちゃんと体育の時間は、半ズボンをはいていたような記憶があり、そこで嫌な思いをしたということもありません。

その要因として、(それ以降と違うのは)毎日ちゃんと体を動かしていたっていうのもあるのかなぁと思っています。中学生時代は、陸上をやってましたし、高校時代は帰宅部だったのですが、毎日長距離を自転車で通学したりしていました。楽しく遊んでたような気がします。

そんな頃の記憶を辿っていて、ふと思い出したのは、「乾布摩擦」です。これは主に小学生~中学生の頃だったかもしれないですが、皮膚を強くするのに乾布摩擦が良い!みたいな情報に乗せられて、擦っていました。これは、今思うとアトピー体質には良くない行為ですよね。

今はある程度情報の選択や正確さを確かめることが容易ですが、昔はそんなことを鵜呑みにしてしまったりしてました。

そして、そろそろアトピー悪化の兆候が出てきたのは、大学受験が近づいてきた頃です。その話は、また次回。では!


以前の記事はこちら。
【1】アトピーの記録 幼少期
【2】アトピーの記録 小学生時代
【3】アトピーの記録 中学生時代
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 自分 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。