どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/09/27

黒の人気とアトピー


関連記事:「」

アトピーとは直接の関係は無いかもしれないのですが、気になる記事がありましたので、ご紹介します。最近、黒いものに人気があるというもの。

綿棒から食品まで 「黒」人気の秘密は…

中でも人気だったのは、今年四月に入荷した黒の耳かき。レジ前に置いたところ、ピークの七月には約三百本売れたという。「耳あかがよく見える」と、黒の綿棒と共に人気を集めている。



耳あかがよく見えるから売れるというのは、とてもよく分かります。アトピーで皮が落ちたり、汁が出たり、他人から見えれば汚いと思うものが、自分では気になったり(嫌じゃなかったり)することがあります。で、その理由は??

黒にはどんな効果があるのか。日本色彩心理学研究所(神戸市中央区)の主任研究員・高橋水木さん(28)によると、黒は闇を象徴しさまざまなものを内包する色であるため、高級感や重厚感、エネルギーのある色だとされる。高橋さんは「社会不安があると、自分のものを失いたくないという気持ちから、黒を選ぶ人が増えるのだろう」と分析。


う~ん、違うと思う。

その理由が闇を象徴するとか、高級感や重厚感とかエネルギーとかいう理由では絶対に無いですよね。(なんでそういう理由になるんだろう…)

単純に自分の体から出る垢とか皮膚とかっていうのは、なぜか興味があるんですよ。多分、アトピーの方々であれば分かってくれると思うのですが、自分の体から出る落屑とかってなぜか確認したい感じにならないですか?

…なぜだか分からないですが、本能的なものだと思います。もしかすると、動物的にはマーキングに近いことなのかもしれません。

理由は分からないですが、自分ひとりだけの考えじゃないことを祈って…では!




※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2008/09/09

使用前使用後とアトピー


関連記事:

これから書くことは、別にどこかの商品を攻撃しようとかそういうことではなく、本当に僕が心から感じることを正直に書くだけのことだとご了承下さい。

何かの通販番組とかで、その商品の凄さを説明する際に、過剰なヤラセに近いようなことが行われることを目にすることがあります。マッサージによるダイエット効果を示すために、マッサージ前はゆるく測っておいて、マッサージ後は締め付けるように胴囲を測るとか。細かいことを言えば、観客席からの「お~っ」とか「へぇ~すごい」とかいう言葉も一つのヤラセなのかもしれません。

ただ、(僕が見ないだけかもしれませんが)最近はあまりそこまでのものを見かけません。それはある程度消費者側も分かってきたのかもしれないし、企業的にも法令遵守を重視して正直であろうとしているのかもしれません。

そんな中、とあるサイトでアトピーの効果を示す(使用前・使用後の)写真を見ることがありました。

その写真は一見、アトピーがとても良くなっているように見えるのですが、同じ場所で撮影しているようなのに、明らかに壁や床の色が違うのです。そう、光の当て方が全く違う。つまり、光を当てることによって、アトピーの症状が分かりにくくなっているわけです。

そういうのを見てしまうと、買う気が失せるどころか、その会社への不信感とか怒りとかマイナス効果がものすごいと思うわけです。画像の加工なんかは自由にできるようになった今であれば、やるならもうちょっと考えてやって欲しいと思いますね。

(本当にやっていないかは別にして)Googleという急成長企業のポリシーとなっている「邪悪なことはしない」ということや、「法令遵守」や、「お客に対して正直なこと」が結果的には利益を生み出すのではないかということを肌で感じた出来事でした。

何かイマイチ、アトピーから離れた話題になってしまいましたが…まだアトピービジネスというものが世の中にはびこっているのなら、そういうものは無視していくのが一番です。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2008/05/26

決めつけとアトピー


関連記事:「」

アトピーの分野に限らず、決めつけることっていうのはあまり良くないし、正しい答えに行き着かないことも多いのではないかと思っています。

アトピーに関していえば、「ある治療法は良い」とか「ステロイドは悪い」という決めつけも良くないんじゃないかと思っています。僕自身についていえば、こういう風にしたら治ってきましたよという情報は提供できるんですが、それが全ての人に当てはまるとは限らないし、微妙な違いによる悪化もありうるだろうし、正しくやってみても人による体質の違いで悪化するかもしれません。

そんな中、アトピー関連のサイトを見ていたところ、こんなグループを見つけました。
日本アトピー協会

NPO団体ということで、善意により活動が進められているようですが、気になる箇所が幾つかありました。例えば…アトピーづきあい10カ条という記載についてです。

まず、第一条目から「おいっ」って突っ込みたくなりました。

第一条 アトピー素質は遺伝的なものですので、完治は期待しないでください。従ってスベスベピカピカのお肌は高望みです


いきなりこれは無いんじゃないかと思いましたね。確かにそういう面もあるかもしれませんが、全ての人がそうではないだろうし、高望みですという記載によって、治った時には逆に喜んでもらいたいという願いも込められているのかもしれませんが、何の説明もなしにこれはないでしょう…

あと、第九条は、こちらです。

九条 ステロイド外用薬を使いこなすよう怖がらずに取り組んでください


別によいのですが、ステロイドを使いたくないという方もいらっしゃるでしょうし、最近は脱ステロイドの方が多くなってきているような気もしますので、断定的な書き方じゃないほうがよいのでは。

恐らくですが、内容の記載のしかたとか構成から見ると、かなり高齢の方が多い団体なんじゃないかと推測されます。あくまで推測ですが…

その他、突っ込みたい箇所は幾つかありましたが、とりあえずは心にとどめておきます。

まあ、こういう団体もあるということで(別に悪意を持って書かれているわけではないと思いますので)、心の隅においておこうと思いました。

それでは!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (4) |
  5. page-top

2008/02/12

寄生虫とアトピー


関連記事:「ガンとアトピー」「きれい好きとアトピー


あまりに潔癖でキレイ好きであることが、アトピーを引き起こす原因の一つであるということはよく言われています。確かにそういう面もあると思いますし、それを言っているのがお医者さんである以上、素人の僕がどうのこうの言える立場でも無いわけですが、(それでも)今日は僕の意見を書かせてもらおうかと思います。

こんな記事を読みました。
寄生虫、菌との適度な共生社会が人体と地球環境の健康を促進する

ほんの数十年前まで、日本人の半分以上はお腹に寄生虫を“飼って”いた。ところが戦後の高度経済成長期を経て、生活が豊かに、清潔になるにつれて、寄生虫の感染率は急速に下がっていった。そうしたら、花粉症やアトピー性皮膚炎などに代表されるアレルギー病が急増した。ここには明確な因果関係が存在する


今までも寄生虫によってアトピーが軽減されるというような話は聞いたことがありました。

寄生虫によりアレルギーが軽減されることを医学的にも書かれており、面白く読むことができました。そして、例としてとても汚い川で遊ぶインドネシアの子供たちにアレルギーが見られないというような話が書かれています。

ただ、思うのは「寄生虫を飼うことによってアレルギーは抑えられると思われますが、必ずしも長生きをする体質にはならないのでは」という懸念です。

これも僕が確かめたことではないですが、免疫細胞のTh1とTh2のバランスがあって、そのバランスによってガンになりやすい体質か、もしくはアレルギーを起こしやすい体質かが分かれるというような話を聞いたことがあります。

実際、アレルギーは増えていても年々人の寿命は延びているわけですから、アレルギーをなくしたからといって完璧に健康になるかどうかは分からないですよね。

また、更に根本的なことを言ってしまうと、アトピーは複雑で、汚い環境にいることによって治るわけでも無いような気がします。(例として挙げていいのか分かりませんが、)ベストセラー作家になった麒麟の田村さんも、小さい頃は公園に住んでいたのにアトピーに…ということもありますから。

とにかく、どちらにしても寄生虫とアレルギーは深い関係にあるということですよね。一つの選択肢としてあってもいいとは思います。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。