どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/11/24

ストレスとアトピー


関連記事:「適度な緊張とアトピー」「ドライブとアトピー


ストレスとアトピーに密接な関係があることは(このサイトを訪れて頂いている方々には)言うまでもないことだと思います。例えば、以下のようなサイトではストレスとアトピーとの関係を細かく書かれています。
大人のアトピー急増中!ストレスがアトピー性皮膚炎を悪化させる!?

このサイトのタイトルでは「!?」と控えめな書き方で書かれていますが、悪化させることがあることは間違いないと思います。で、更に最近の研究では以下のようなことが改めて証明されたようです。

ストレスで皮膚の抗菌能が弱まる

ストレスによって皮膚感染症にかかりやすくなるメカニズムが解明され、米医学誌「The Journal of Clinical Investigation」11月号に掲載された。免疫システムの崩壊という従来の説明とは異なり、皮膚の抗菌能(antimicrobial defense)の低下が関与しているという。
(略)
防御の最前線は免疫システムのT細胞であると考えられてきたが、そうではないことが近年の研究で示されている。この抗菌ペプチドによる防御作用には相当の効果があり、ウイルスや細菌などによる攻撃の99.5%を処理できるという。今回の研究は、グルココルチコイドの産生を抑える局所薬などの新しい治療法につながると、Elias氏は期待を示している。


またもや難しい単語の羅列がありますが…
今までの研究では、ストレスによって体内での免疫システムが弱くなったりするということが言われてきたようですが、その前に皮膚表面での抗菌能力も弱まってしまうということがあるようですね。

体の複雑な作用や今後研究~発売となる薬について直接深く関わることは(僕は)無いですが、とにかくストレスが皮膚を弱めることが改めて証明されたようです。

ただ、以前から言っている僕の意見を加えさせてもらうと、「アトピーを治すためには、適度なストレスは必要」だと思ってます。

(それは、今までの僕の記事を読んでもらえば…と思いますが)ストレスがゼロの状態だとアトピーが無くなるかというとそうではないと思ってます。治そうとする気力や掻くことをなるべく抑える考えとか、食欲をある程度抑えたり、日々の生活を正しくすることなど…

とにかく、そういうことも含めて、極端なストレスは避けながら、適度に頑張ってすごす…そんな意味でも難しい病気ですよね。アトピーって。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 原因 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。