どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/06/07

日焼けとアトピー3


関連記事:「シミとアトピー」「日焼けとアトピー2」「日焼けとアトピー

またまた、この季節がやってきました。強い日差しと周囲の人の肌の露出具合によって、「夏だなぁ」とウキウキする反面、汗による痒さやあまり肌を露出したくないという気分が出てくる頃です。

そしてもう一つ重要なのが「日焼け」への対策です。ネット上でも日焼けについて調べると、嫌というほど多くの情報や「紫外線がメラニンを…」みたいな、結局どうでもいい情報も沢山あります。

で、結局アトピーの人はどうすればよいのか?っていうことなんですが、僕の考えを書きたいと思います。

アトピーで問題になってくるのは、「紫外線を防ぐ」ということと「肌の痒さを抑える」の二つをどう両立するか?ということだと思います。

・一番ベストなのは、何も塗らず日光に当たらないようにすること。でも、それは難しいかもしれません。

・日焼け止めを塗るとなると、ある程度のアトピーの場合、「痒くならないようにする」というのはかなり難しいと思います。紫外線で肌を痛めるのとアトピーによる炎症によって痛めること。これがどれほどの違いがあるのか分かりませんが、僕の意見としては「肌に何かを塗るのではなく、服を着たり日影に入ることで日焼けを防ぐ」方がいいのではないかと思ってます。

・そして、アトピーの状態によっては「肌に塗っても痒くなったりしない、自分に合った日焼け止めを探すことができれば」それはいいことですよね。

ということで、日焼け止めを使っていくのであれば、SPFの数値とか、配合成分に惑わされずに「塗っても痒くなったり赤くならない日焼け止め」をテスターとか使って探すのがいいのかもしれません。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/05/12

電車とアトピー


関連記事:「通勤電車とアトピー

以前に、通勤電車とアトピーというエントリーで、ラッシュ時の電車に乗って通勤することがアトピーに悪影響を与えているんじゃないか?みたいなことを書きました。今でも確かにそう思っています。

通勤電車では、座席に座ることはまず無いのですが、先日すいた時間にゆっくりと座席に座って移動していました。で、今更ながら思ったことがあります。

他では全く書かれていないようなネタでアトピー状態を良くできないか?みたいなことはいつも考えていますが、この「すいた時間での電車移動はアトピーに良さそう」なんじゃないか?と思っています。

また何を言ってるんだみたいな感じですが、これが「よく眠れる」のです。つまり、アトピーを治療するには睡眠が重要だというのは当然のことだと思います。普通にベッドに入ってしまうと、変に静かで意識が痒みにいってしまったりして、どうしても痒くて眠れなくなることってあると思います。

その点では、電車が適度な揺れと騒音ですごく、眠らせてくれるということ。もう一つは、他の乗客の目というのも多少はありますので、掻くということも抑えられるということ。

アトピーを治すのに、休みの日に山手線に乗って一日中寝てるっていうのもバカバカしいですが、ちょっとそんなことを思いました。ただ、何度も重ね重ね言いますが、「これが必ずしも効果があるかどうかはわかりませんよ」っていうことだけは言っておきますよ。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/05/08

薬の利用とアトピー


関連記事

誰も気づいていないかもしれませんが、これまで「薬」に関する記述はなるべく避けていました。というのも、僕の考えとしては「薬を使ってアトピー完治は難しいのではないか」と思っているからです。

でも、重症時の悪化に向かうスパイラルともいえるようなサイクルを断ち切るためには、強い薬(例えばステロイドなど)も必要だと思っています。

もう一つは、完全にアトピーを治療することと、日常生活(会社でお客様に会うとか、どこかに出かけて楽しむとか)をちゃんと送るためにするための対処は別であるということです。多少の悪化を覚悟しながら薬を使うことも、あると思います。

更にいえば、アトピーを完全に根絶したいか、それとも好きなことをやって生きたいか?っていう価値観の問題もあります。

いろいろなことがあって、あまり書いていなかったですが、今後は「薬」についての記述もしていこうかと思っています。それは、「実際に利用した経験者の意見」を必要としている人がいるということを知ったからです。

今回は長くなってしまったので、実際の記述はそのうち。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/04/22

パインハイセンスとアトピー


関連記事:「これからは入浴の季節ですので

かなり前に紹介したことがあると思いますが、「パインハイセンス」という入浴剤があります。これは、とあるキッカケで「アトピーに効く」ということで紹介して貰い、購入したものです。

…で、それがかれこれ10年くらい前のこと。ずっと使っていなくて、でも量も多いので未だにしまってありました。それから恐る恐る使ってみたのですが、これがなかなか良い感じなのです。10年経過しているのに、大丈夫っていうのもすごいですが、この入浴剤について書きたいと思います。

そもそも10年も前に買って、なぜ使わなかったのか?それは、当時のアトピーには効かなかったからです。今思うと当然ですが、傷だらけで浸出液が出ていた頃に、入浴によってアトピーを治すというのは難しいはずです。(殺菌は必要ですが)

それからアトピーも軽度になってきた今、これを使ってみるとかなりいい感じです。それはこんなことかと思います。
・パインというのは松のことですが、この成分(松ヤニみたいなもの?)が肌にヌメリみたいなものを付けてくれます。
・ちょっとだけ肌への刺激があります。(これによって悪化する場合もあるかもしれませんが)、海水と同じような肌への刺激効果があるのではと思います。

10年経った今、利用していますが、未だにまだまだ残ってます。量がハンパじゃないですね…では!
薬用入浴剤パインハイセンス(3個)【楽天屋ショッピングモール】
薬用入浴剤パインハイセンス(3個)
9,000円
商品ページへ
Ads by STMX

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。