どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2009/08/24

いじめとアトピー 2


関連記事:「いじめとアトピー

このブログも更新するのが本当に久しぶりなのですが、あまりに衝撃的なニュースがありましたので、更新しておきたいと思います。

つい数日前にもステロイド入りのクリームを天然だと偽って販売していた件のニュースがあり、これを使ってアトピーが悪化してしまった人がいたら…と思って、ブログの更新をしようかと思っていたのですが、更に(僕的には)それを上回る衝撃的なニュースがありました。

まず最初に見た時のニュースはこれでした。

男子中学生が焼身自殺か 名古屋市内の路上

21日午前1時50分ごろ、名古屋市守山区下志段味の市道の歩道で、人が燃えていると通行人の男性から110番通報があった。まもなく焼死が確認され、守山署は、そばにあったリュックから同市内の中学3年生の男子生徒(14)とみて身元の確認を急いでいる。



人目につくところで焼身自殺をした子供…ということでびっくりしていたのですが、今日そのニュースの続報を見たところ…

焼身自殺の中学生に昨秋いじめ 持病からかう 名古屋

(略)市立中学3年の男子生徒(14)が焼身自殺した問題で、男子生徒に対して皮膚の病気をからかうなどのいじめが学校内で昨秋にあったと、市教育委員会と同校が24日に明らかにした。



このサイトではそのいじめの原因を「皮膚の病気」という表現で報道しており、まさか…と思っていたのですが…

●学校側「いじめあった」=中3男子焼身自殺-名古屋

(略)同級生らは生徒がアトピー性皮膚炎を患っていたことに関し、生徒をからかっていたという。


とのこと。

子供は本当に残酷な面があると思います。が、焼身自殺をさせるに至ったことを考えると、報道されていない相当な嫌がらせやいじめがあったのではないかと思います。

本当に残念でなりません。被害者となった少年がその壮絶な方法を選んだのは、ある意味、復讐だったのかもしれないし、ニュースを見た僕たちへのメッセージだったのかもしれないなぁと思います。

本当にどうしたらいいでしょうね…こういうのは。

結論がだせずじまいですが…では。


※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (5) |
  5. page-top

2008/05/28

犯罪ニュースで思うこととアトピー


関連記事:「」

最近、とても残酷な事件がありましたね。東京江東区のマンションで起きた、女性の行方不明事件。

東京江東マンション女性不明

テレビに映る犯人の普通さに反し、その手口の残虐さとか周到さはとても恐ろしいものがありました。で、それがアトピーに何か関係あるのか?というと、特に関係はありません。

事件自体がどうこうという話題は特にここではしませんが、このニュースを見ていてちょっとだけ(この事件の恐さとかは別にして)思ったことがありました。

まず、その犯人が指紋採取の際に取った行動。自分の指紋が取られないよう、薬品等を使って皮膚を荒れさせ、指紋を消していたというのです。ここまで書くと、アトピーの方は分かるかと思いますが、アトピーの症状として指先がそういう状態になることってありますよね。

つまり、指先がアトピーのために炎症もしくは皮が剥けていた場合、自分の周りで事件が発生して指紋を採取しなくてはいけない時に、恐らくうまく取れないこともあるんだろうなぁということ。アトピーであることを理解してもらえれば大丈夫だとは思いますが、指紋採取ができないばかりに、「容疑者でないことの証明ができない」なんてことになったら最悪です…

でも、アトピーの場合、もう一つの面がありますね。それは、落屑のこと。アトピーが重症の場合、あらゆる場所に落屑が発生するわけです。つまり、DNA鑑定などになった場合、その落屑を調べればすぐに犯人かそうでないかが分かってしまうという…

アトピーを経験しているが故に考えてしまう、どうでもいいことでした。それでは!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2008/05/18

レタスとアトピー


関連記事:「」




一ヶ月近く前のニュースなので、ご存知の方も多いかもしれませんが、とても気になっていたニュースがありました。それは、こちら。

アレルギー抑制物質、レタスから効率生産・京大など成功

長寿レタス:奈良先端科技大と京大が開発、実用化目指す

若返る!?レタス 京大研究所教授ら開発

「ストレス抑えるレタス」作りに成功 奈良先端大と京大

様々なニュースタイトルで掲載されているのですが、全て同じソースだと思います。一部抜粋させて頂くと…

レタスの葉を使って、炎症やアレルギーを抑える作用を持つ「ヒトチオレドキシン1」というタンパク質を効率的に生産することに成功したと発表した。植物を工場のように活用して薬剤を作らせ、病気の治療や予防に役立てる考え。


まだ研究段階ではあるとのことですが、抗酸化や抗炎症、抗老化作用を持ち、過剰摂取による中毒もほとんどないものらしいです。

簡単なニュースレベルの情報なので、詳細は分かりませんが、ガンを防ぐ効果も含め、このヒトチオレドキシンというのは、様々な体内物質の働きを調節しているらしいのです。研究では、体内のチオレドキシン量を増やしたマウスはストレスに強く、平均約30%長生きしたとのこと。

アトピーに対して良い効果をもたらすと思われることは、以下のようなことですよね。
・まず、そのまま「炎症やアレルギーを抑える作用」があるということ
・ストレスを抑える効果があるということ
・(今のところネズミでの効果らしいですが)胃潰瘍に効くということ

更に見逃しがちですが、アトピーのような体質に関わり、長く付き合っていく可能性のある病気に対して重要なのは、簡単に手軽に日々摂取できるということ。普通のレタスを食べる感覚で、このような効果のあるレタスが食べれたら嬉しいですよね。

以前にも書いたことがあるかと思いますが、こういう科学の進歩の速さを見てるとアトピーが無い世界も夢ではないんでしょうね。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2008/04/30

対応ガイドラインとアトピー


関連記事:「アナフィラキシーショックとアトピー




年々、子供のアトピーが増え(ていると云われ)、少子化で子供は大事に育てられ、更には食の問題が騒がれ…というような状況の中、いろいろなニュースがありますが、子供に対してこんなガイドラインが出されたそうです。

アレルギー:児童らへの対応ガイドライン公表 文科省

文部科学省は25日、学校がアレルギー疾患の児童・生徒にどう対応すべきかまとめた初のガイドラインを公表した。食べ物などが原因で起きる急性アレルギー反応「アナフィラキシーショック」に対処する自己注射を、本人に代わって教職員らが打つことは医師法に違反しないとする初めての見解を示した。


アナフィラキシーショックは、ご存知の通り深刻な病気で、ショックを発症した際に対処が遅れると死に至ることもあるということなのです。その病気に対して、柔軟に対応できるようになるというのは喜ばしいことです。

で、このニュースはこのように続きます。

一方、ガイドラインは▽気管支ぜんそく▽アトピー性皮膚炎▽アレルギー性結膜炎▽アレルギー性鼻炎--について、症状の特徴や避けるべき学校活動、発作時の対応などを示した。今月末に全国の幼稚園や小中高校、教育委員会などに送付し、教職員や保護者への周知を図る。


これについてはどう思われますでしょうか。アトピーももちろん大変な病気ではあるのですが、アナフィラキシーショックとはちょっとレベルが違うような気がします。

逆にいえば、アトピーに対して、「避けるべきこと」をあまりに徹底しすぎるのは逆効果を生むことにもなりかねませんよね。

急激なショック症状が無いアトピーであれば、小さい頃から様々なものに触れていくというのは重要なことです。様々な汚れや菌に触れ、抵抗力をつけていく。アトピーに限っていえば、そういう必要もあると思うわけです。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。