どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/06/25

スイッチとアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.1kg 体脂肪率16%


関連記事:目立たない所とアトピー
「スイッチ」というオリエンタルラジオとかが出ている、深夜のお笑い番組がありますが、それとは全く関係ありません。

以前の記事「目立たない所とアトピー」で、(痒みの)スイッチが入ると…というような表現を何気なくしたのですが、改めて考えてみると、確かにアトピーにスイッチってありますよね。

というのは、明らかに急に痒さが増して、痒みの成分がいま正に作られているんだなぁと感じることがあります。逆にいうと、同じように汗をかいていても、まだスイッチが入っていない場合、全然痒くなかったりすることもあります。

更に思うのは、スイッチも何段階かある(つまり痒みのレベルが何段階かある)んじゃないかと思います。

まず、汗とか何かの刺激によって最初のスイッチが入ってしまっている状態になり、痒みが発生します。その痒みに負けて、掻いてしまうと、更に次のレベルのスイッチがオン!というような仕組みですね。医学的な知識が全く無い感じの表現ですが…

とにかく次のレベルへのスイッチを押さず、痒みもレベルアップせずに、痒みレベルがゼロになるまで我慢ができれば…とは思ってるんですが…

今回は経験に基づいた、感覚だけの話でしたが、では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (3) |
  5. page-top

2006/06/23

爪とアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.2kg 体脂肪率16%


関連記事:
今回は、爪とアトピーというタイトルを付けてみました。

アトピーの方は分かると思います。朝起きると、爪の先に自分の体を掻いた証拠が残っていて、自分の皮膚や垢、そしてひどい時には血がたまっているという状況になっていると思います。

で、やはり爪は短くしておいた方がいいと思いますね。医者からは、爪のばい菌が皮膚に付いて…というようなことを言われますが、経験上からいうと、爪の数ミリの長さの違いで皮膚を掻く力が違ってきているような気がします。つまり、少しでも爪が長いと、簡単に皮膚を突き破って血を出してしまう…そんな感じがしています。

ただ、問題は爪を切った直後のあの爪の鋭さを何とかしないといけませんね。少しでも尖っていると、それが皮膚を傷つける原因になってしまいますから。これについては、未だにちゃんとしたうまい答えが出ていません…

爪きりなどについているヤスリで爪をうまく丸くすればいいのかもしれませんんが、なかなかうまく行った試しがありません。猫が爪とぎをやるような、うまい爪とぎ用の物体があればいいですね。それを掻くようにして、爪の先を丸くするような。

これについては、いい方法があれば、是非教えてください。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

2006/06/21

入院とアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:入院してた頃
申し訳ございません。更新が遅れています。
そして、またまた更新してなかった時に限って、コメントを頂いていました。ありがとうございます。

今回は、( ´_ゝ`)さんからかなり長文のコメントを2件ほど頂きました。とにかく現在治療中で、どうやら入院をされているようですね。コメントにも、

でも最後は入院…出来るならそうしたほうがいい…(多分…自分は4ヶ月間までそう思う事が出来たので)



ということを書かれていました。そういう僕も、実は(これまで何度も言ってますが)入院経験があります。

ただ、アトピー専門の入院用病院で無い場合、つまり普通の大学病院などの場合、かなりの重症であるか、他の病院からの「紹介状」が無いと入院ができないというようなことを聞いたことがあります。僕の場合、たまたま紹介状を書いてもらうことができて、入院することができました。

そして、もう一つ。大学病院の場合、自分の治療が大学生の勉強の対象になってしまうということがあります。ただでさえ恥ずかしい裸ですが、さらにアトピーで恥ずかしくなっている状態を、若い男女の学生にまじまじと見られるわけです。(でも、そこまでハッキリと研究や勉強の道具にされると、恥ずかしさは通り越しますね)

結果、どうだったのか?つまり、入院がよかったか悪かったのかということですが、これは肉体的にも精神的にも良かったですね。詳細については、また僕のアトピーの記録みたいなもので書いていきたいと思ってます。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/19

すごい人とアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%

関連記事:

今日は一応、先に断っておきますが、必ずしもアトピーと直接関係のある話ではないかもしれません。

ということで、ちょっと夜も深い時間だったのですが、ワールドカップの「ブラジル×オーストラリア」戦を観ていました。フォーメーションとか細かい戦略とかは、あんまり分からないですけど、オーストラリアも頑張ってましたね。

で、やっぱりブラジルのロナウジーニョがカッコイイ。カッコイイというか、いつも笑顔だったり、感情を出していたり、そして何より技術が凄いです。

ロナウジーニョといえば、特徴のある口と歯の出てる感じですよね。ところが、冷静に普通に考えてみると、あれが僕だったらコンプレックスに感じてしまうと思うんです。

でもロナウジーニョはあれが何故かカッコよく見える。あれを無くしたらロナウジーニョじゃないし、僕だったら欠点になりそうなところがキャラクターになって、更にオーラを強くしている気がします。

サッカーとかから全く離れますが、病気も含めて考えてしまうと、乙武さんやホーキング博士も、欠点と思えるところを逆に特徴として生かしている気がします。

それって、アトピーに対しても考えられないかなぁと思います。あまりに重症だと、可哀相な感じになってしまうと思いますが、ある程度であれば色黒な感じを、自分の特徴として生かしていけないか…

そんなことをちょっと思いました。ということで、では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/17

寝ないこととアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%

関連記事:【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2

6月18日は、ワールドカップの日本×クロアチア戦ですね。

今回のワールドカップ、今のところ深夜まで起きて全試合観るとかっていうことも無く、とりあえず日本戦を観ている程度ということで、寝れないということは無いのですが、以前の「【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2」という記事で「寝ない」というキーワードを出しました。

この寝ないということについて、お医者さんに聞けば、当然「ダメ」ということになると思います。理由としては、
・寝ている間に皮膚の回復が行われている。
・体のリズムが崩れることによって、アレルギー反応が強くなったりする。
…などなど、確かに正しいと思います。

その反面で、アトピーの症状のレベルによっては、寝れないとか、寝ている時に掻いてしまい、明らかに起きているときより悪くなっているということも事実だと思います。その繰り返しによって、かさぶたさえもできる時間が無いと。

そんなことを考えながら、どうしても仕事が忙しくて寝れないような時、どうだったか?というと、それほど悪くなっていないわけです。そして、充実感を持ちながら深く寝れた時は悪くなっていない。

起きていることによって、滲出液や血が出ていたような場合には、ある程度治っていることもあったように思います。どうしても寝れない場合、寝るのを我慢して体を掻きながら横になっているよりも、何かに時間を有効を使うのもアリと思っているのです。

ただ、「起きていれば治るものではない」ので、これもお勧めする方法ではなく、自分で試してみた方法の一つではあるということを忘れないでおいて下さい。

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

2006/06/15

目立たない所とアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2

以前の記事「アトピーの記録 大学入学後 初期その2」の中で「痒い箇所ではなく、目立たない別の場所を掻く」ということを書きました。

これは「必ずしも正しいことではなく」、学生時代に色々と自分で試してみたアトピー対策のうちの一つです。

具体的には、例えば人目に触れるような手の甲とかがとても痒くなった場合…そういう時って手の甲が一番痒いですが、体中も痒くなってきます。そんな時には、人目に触れるところを掻くということを我慢するのではなく、目立たない足のヒザの裏あたりを「掻いてしまう」ということです。これによって、手の甲の痒みが無くなったりします。顔とかの場合は、特にそうですよね。

これは「掻く」ことが含まれるので、必ずしもお勧めはできないですが、全く効果がゼロではないのです。掻くことを「我慢する」ことが症状を悪化させるのはしばしばあることです。それは、ヒスタミンか何かの痒み成分が意識している所にたまってくる(そんなイメージですが)ようなことってありませんか?

もしくは我慢することによって、痒さが全身に広がり、そして結局は「掻いてしまう」という悲しい悪循環も無くは無いですよね。

痒くなったら、まず一呼吸おいて、我慢してみる。でも(痒みのスイッチが完全に入ってしまって)どうしようも無い場合には、目立たないところを掻いてしまう。

これも、お勧めするわけじゃないですが、一つの方法ではあると思います。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

2006/06/13

レミカットとアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:病院とアトピー


曇りの天気が続いていますが、そろそろ梅雨に入りそうですね。

そして、これまでずっと曇りにしていた「本日のアトピー状態」を久しぶりに曇り時々晴れに変えました。アトピーが好転するのは、やはり複数の要因があるとは思うのですが、今回の場合は「薬」ではないかと思ってます。

先日の「病院とアトピー」にも書きましたが、久しぶりに病院に行って薬を貰ってきたのです。今日はその薬について書きたいと思います。

病院で処方された薬は「レミカットカプセル1mg」で、これを朝食後と寝る前に飲むことになっています。ネット上で調べてもとても沢山の情報があるようで、色々と勉強になりました。(書かれているサイトによってちょっと違いはあるようですが)

病院ではあまり薬についての説明が無かったのですが、レミカットは「第二世代 抗ヒスタミン薬」で眠気や口の渇きなどの副作用が軽減されているということです。で、実際どうなのか?ですが、これは難しいですね。

毎日同じように薬を飲んでいても、スゴク眠くなる時もあれば、そうでもない時もあります。しかも、その眠気がこの薬のせいなのかは、よく分からないです。でも、仕事に支障が出るような副作用はありません。眠い時にも(薬の効果が無くなるのは仕方ないですが)コーヒーを飲んだりすれば、目は覚めます。

1~3週間程度、長めに服用すると効果が現れてくるということで、更に良くなってくるのか?とちょっと期待しています。あと、継続的に服用する場合には、肝臓の検査が必要な場合もあるということですね。

とにかくアトピー対策としては、この薬だけじゃなく、洗濯には溶けやすい液体洗剤に変えたとか、朝は野菜ジュースを飲むようにしたとか、オルビスの保湿液を使うようにしたとか、ありますので複合的な効果もあると思います。

それぞれについても、また別の機会に書きたいと思ってますので。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/11

ワールドカップとアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:

ワールドカップ日本戦が明日に迫りましたね。本当のところ正直に言うと、普段からそれほどサッカーに興味があるわけじゃないんです。

更に天邪鬼な性格もあってか、日本中そして周りの知り合いもあまりにワールドカップに熱を上げているのを見ると、逆に引いてしまう感じもしてしまう僕ですが、テレビでやっているサッカー特集なんかを見ているとやはりカッコいいですね。そして、ちょっとワクワクします。

で、それがアトピーと何の関係があるのか?って言われると...

ただ、やはり代表選手の精神力といざって時の集中力がすばらしいですよね。それをちょっとでも見習いたい。

とにかくどんな窮地に立たされても、安定した脈拍で冷静な判断、そして集中力っていうのに憧れます。特に、アトピーは脈拍とかなり関係あると思うんです。

痒くなると脈拍があがり、そしてそれが更に痒さを増すという状況です。脈拍と痒さというのが掛け算をし合って、どんどん痒くなる。そのどうしようも無い痒さが襲ってきた時に、一拍置いて深呼吸をして冷静に…っていうのでも少しは痒さが変わります。でもやはり痒いことは痒いですが。

そんなことで変わらないよ!とか、一拍置くようなことができるわけない!とかっていう方もいらっしゃるかもしれません。が、やはり多少の精神力っていうのもあると思いたいし、そういうことを身につけたい。

そんなことをサッカー選手の精神力の強さっていうのを感じながら思いました。今日はちょっと無理矢理な感じでしたが。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ブログ × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/09

僕なりの解釈とアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:「ビューティーコロシアムとアトピー」「年齢とアトピー」「30歳で治る定説とアトピー


前回の記事に対して、アトさんからコメントを頂きました。ありがとうございます。アトさんも辛いアトピー経験があり、様々な対処法から自分に合ったものを見つけ出されたということです。

このアトさんのブログだけじゃなくて、いろいろなサイトを見せて頂いているのですが、「自分なりの…」という記述をよく見かけます。それは僕自身のサイトにも言えることで、逆にいうと、「自分で信じ込むことがよい」ということも分かっているからです。

ということも含めて、そして別にアトさんのサイトを批判するわけじゃいということを強調しつつ、更にはこれから述べることも「僕なりの」感想であるということを書いておきたいと思います。

アトさんは、30年以上もアトピーに悩まされていて、30を越えたあたりから治ってきたということで、かなり僕自身の症状に近いと思います。僕も体中から滲出液が出て、(この液が出るのはステロイドの副作用では無いと思うのですが)大変な思いをしました。

で、この30を過ぎて良くなってきたというのは(何度もいいますが僕の意見ですが)老化による体質の変化が大きいのではないかと思うわけです。あと、仕事が忙しくて疲れていたり、風邪を引いた時にはアトピーがよくなっているというのもあります。炎症というのが外敵に対するアクティブな反応ということで、その力が弱まっているのではと思います。

更に付け加えるなら、大人になって感情のコントロールや我慢ができるようになったとか、お金を持つようになって…とか色々な理由はあると思います。

(でも、30過ぎてもまだまだアトピーだという方もいらっしゃるようですが)

確かに、それが良くなった理由だとしたら、30まで待たないといけないし、良くする治療というのは確かにあるとは思うのですが、今の僕が何もしなくても重症にならないのはそこら辺にある気がします。

それを信じている僕自身が一番僕なりであり、プラシーボ効果によって良くなってるのかもしれませんね。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ブログ × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/07

ビューティーコロシアムとアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:


ビューティーコロシアムっていうテレビ番組をご存知でしょうか?昨日、テレビをつけていたらやってたんですが、面白かったです。

ご存知無い方もいらっしゃるかもしれませんが、要は「容姿に悩みのある人が整形によって新しい人生を得る」というエンターテイメントの番組です。

僕は敢えてエンターテイメントと言わせてもらいます。確かに深刻な悩みを抱えている方も登場され、悲しい過去の出来事を打ち明けていましたが、それらは希望を約束できる程度の悩みであり、ハッピーエンドが約束されているわけです。

僕が見た回の最後の人の悩みは「ニキビ」でした。これって、もうギリギリの境界線にきているんじゃないかと思います。つまり、限りなく病気に近い症状だから。結局、「ニキビ」は完全には治らずにお化粧で美しく変身できました!みたいな終わり方になっていました。

それを見た瞬間に、そこに(カモフラージュメイクはあるにしても)アトピーの人は出れないだろうし、整形などでは解決しない問題や病気も沢山あるんだということに気付いてしまいました(当然ですが)。

アトピーのように、簡単には治らない病気っていうのは沢山あると思います。それを考えた時、「容姿の悩み」はいかに軽いものであるかっていうのを感じてしまったような気がしました。

生まれながらの容姿を病気と同じ土俵で語ってしまうなら、整形については大賛成です。病気は当然、体にメスを入れる手術などをしなくてはいけないですが、容姿の悩みが病気に匹敵するものであれば、メスを入れるべきなんだろうと思います。

今日はなんかアトピーとあまり関係の無い、よくわからない終わり方になってしまいました。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ブログ × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

2006/06/05

病院とアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.1kg 体脂肪率16%


関連記事:

もしかすると、気付いている方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ何週間の間、「本日のアトピー状態」を曇りにしています。

そう、あまり良いとはいえない状態が続いているのです。理由は、なんとなく分かっています。夏に向けて、運動を始めたりしたのですが、そこでかく汗と日焼けがよくなかったのだと…。

ということで、先日何年かぶりに病院に行ってきました。引っ越したせいもありますが、以前に行っていた「ステロイドを使わない皮膚科」ではなく、大きな総合病院の皮膚科に行きました。

あまり「よかったですよ」という報告ではないので、病院名などは敢えて書きません。

やはり大きな総合病院だったので、待ち時間が長かったというのはあります。が、それは仕方無い問題です。僕が気になったのは、その皮膚科の先生の以下のような対応でした。

・白斑について、「治りますか?」というような質問をしたのですが、「悪影響のあるものではないので、治療しなくて大丈夫です」という答えだったこと。白斑は見た目が悪いので、治したいと思ったのですが。
・処方された薬(ステロイド)に関する説明が全く無かったこと。
・女性の若い先生だったので、僕が恥ずかしかったこと。

最後の女性云々はいいとしても、全体的にとてもいい加減な感じを受けてしまいました。(確かに大病院の皮膚科ともなれば、ヤケドなどでもっと深刻な方もいらっしゃるのでしょうが…)ステロイドの薬を、全く説明無く当然のように処方されたのは、もしかすると僕がアトピーのベテランだと思われたからかもしれませんね…。それがいいのか悪いのか分かりませんが。

とりあえず、アレルギーを抑える飲み薬と、2種類のステロイド塗り薬を貰って帰ってきました。塗り薬は、今のところ必要無いと思っているので、使ってません。飲み薬の方は、今までに飲んだことの無い名前のものでした。詳細は、また別途報告したいと思ってます。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/03

6月のアンケートとアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.0kg 体脂肪率16%


関連記事:
5月のアンケートについて
4月のアンケートについて
3月のアンケートについて
2月のアンケートについて
1月のアンケートについて


5月のアンケート終了しました。ご協力ありがとうございました。

5月のアンケートは、アトピー以外の慢性的な持病ということで、かなり重めの、そしてプライバシーに立ち入るようなものでした。

結果としては、やはり深刻な持病があるという方もいらっしゃるということで、コメント欄には「腎炎」と「トルエン過敏症」という病名を頂きました。

それぞれ、アトピーと関連しているのかどうかは不明ですが、アレルギーから遠くはない病気のような感じがします。アトピーと関係があるとすれば、強い炎症から引き起こされたのか、それともストレス、もしくはアトピーで使った薬などが関連していたのかもしれませんね。(全て憶測です)

とにかく、アレルギーは本当に不思議なもので、急に反応が出始めたりということもあるということですので、油断はできないと改めて思いますね。

ということで、6月のアンケートを作りました。今回は、ちょっと軽めの感じで「アトピーが完全に治る治療に幾ら払いますか?」というものにしてみました。これは、お金の金額に関するものなので、それぞれ個人の価値観や貯蓄額などにもよるとは思いますが、「完全に治る」というのはちょっと夢も入っているような言葉ですので、払える払えないに関わらず、どの程度の価値があるか?という観点で答えてもらえればと思います。

僕の場合、どの程度かを考えてみたのですが…うぅ~ん。難しいですが、「完全に」治るとしたら、1千万くらい払ってもいいかもしれません。家を買うほどは払いたく無いですが、ある程度のローンで返せる程度。

でも、アトピーで入院してた頃、若くて将来に対する希望が持てなかった頃だったら、将来にわたる全財産を投げ打ってもいいと思ったかもしれません。

色々考えると重くなってきますが、気軽に参加してみてください。右側の緑の欄ですので。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. サイトの管理 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2006/06/01

ドライブとアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2

前回の記事「【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2」の中で、その単語だけを書いたのですが、僕は学生時代には気晴らしによくドライブに出掛けてました。

念の為に言っておくと、その車も自分のバイト代で買ったものですし、環境がかなり田舎だったので、学生でも車の所有率はかなり高かったのです。

で、そんなことを思い起こしていたのですが、アトピーには「ドライブ」が意外に良いかもしれません。アトピー対策として「ドライブ」を挙げている人って、ほとんどいないと思います。確かに大した話ではないので、今日の話は参考程度に聞いてください。

アトピーには「適度な緊張」と「適度なストレス解消」が重要だというのはみなさんも認識されていると思います。(この二つは相反することなので、「適度」というのが重要だと思うのですが)

そして車を運転するということは、適度な緊張をもたらしてくれると思うのです。また、窓を開けて(かっこよく言うと)風を感じる爽快な感じが、適度なストレス解消も同時にもたらしてくれるのではないかと思うわけです。オープンカーだと更にいいかもしれません。

この「適度な緊張」は微妙なのですが、人によっては車だと緊張感が無さ過ぎるという方もいらっしゃるかもしれませんね。運転をしながら体を掻くというのは、余裕でできる動きですから。

その点、自転車とかのサイクリングも良いかもしれません。ただ、その時の気候によるのですが、自転車はかなり体を動かすので汗をかいてしまうことがネックですね。となると、バイクでしょうか?それはそれで、ヘルメットがあったりして…一長一短だとは思います。

「適度な緊張」と「適度なストレス解消」は、人によってそれぞれ違うと思いますので、自分なりのものを見つけるのがいいと思います。

ドライブについては、一番の問題が、そのための時間的余裕とか金銭的余裕ですね…今の僕にとっては。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。