どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/02/27

コーヒーとアトピー


関連記事:

最近、(アクセス解析のサーチワードというところを見ると)アトピーに加え、コーヒーという言葉で検索されている方もいらっしゃるようです。確かに最近はコーヒーが肝臓に良い効果をもたらしているというようなニュースもありました。

アトピー的には難しいところです。確かに、コーヒーはアトピーに悪い影響を与えない(むしろ良い)という方もいらっしゃれば、悪い影響があるという方もいます。

僕自身の経験からいうと、以下のようなことがあります。

・コーヒー(ブラック)は朝毎日飲んでいますが、アトピーがそれによって悪くなったということはありません。

・コーヒーを飲みすぎて、胃の調子を悪くしたような場合にはアトピーが悪くなることがあります。

・糖分の入った缶コーヒーを一日に何本も飲んだ場合には、ほぼ確実にアトピーは悪くなります。

・酸化したコーヒー、つまり淹れてからかなりの時間が経ったコーヒーはアトピーによくないといわれています。実際に体験したことは無いのですが、確かによくないような気がします。

というような感じで、僕的な総合評価は「適度に飲むのは、アトピー的にもよいのではないか」という感じです。仕事をしていると、どうしても飲みたくなってしまいますからね。

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/25

悩みの大きさとアトピー


関連記事



今日は本当にアトピーと全く関係の無い話です。

皆さんは、「アトピーなんか全く気にならない」と思われたことはあるでしょうか?それは、アトピーの症状のレベルによるでしょうし、これを読んでいるけど、アトピーではない方もいらっしゃるかもしれません。

少なくとも、かなり改善はしてきている僕ですが、「全く気にならない」というところまではいけていません。悩みの一つであることには変わらないわけです。

もう一度いいますが、今日は「アトピーと全く関係の無い話」をしたいと思います。

10数年前に起こったルワンダの大虐殺をご存知でしょうか?「ホテル・ルワンダ」や「ルワンダの涙」という映画にもなっている、実際の話です。詳細はここに書くのも気が引けるような内容なのですが、その生き残りの方が書いた「生かされて。」という本を読みました。

その体験の壮絶さも凄いのですが、何よりこの生き残った方の心の強さや考え方がすばらしいと思いました。それを分かりやすく示してくれているのが、Amazonでの評価ですね。レビューした人(たぶん)全てが最高の評点をつけています。

そして、これを読んだ時、「アトピーなんて本当に大したこと無い」と思いました。機会があれば、是非みなさんも読んでみて下さい。

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/23

本気度とアトピー


関連記事:

最近は、ある程度アトピーもおさまってきて、ふとした時にアトピーを悪化させてしまうような暴飲暴食などをしてしまうこともあります。

確かにもう一息な感じなんですよね。「アトピーを完治」もしくは「完全に抑え付けている状態」まで。今の状態でも特に不自由は無いし、精神的にもアトピーが重圧という状態ではないのですが、やはりシワも黒ずみも無いキレイな状態を続けたいとは思います。

そのためには何が必要か?それを考えてみたのですが、やはり「本気度」が足りないのではないかと思っています。その本気度が必要なのは、確かにアトピーという病気に対してだけではないかもしれませんが、明らかに目に見える形ですぐに跳ね返ってくるのがアトピーですね。

様々なアトピーの方々の闘病の記録を見ると僕も過去のことが思い出されてきます。今では「面倒だなぁ」と思えることもちょっと本気になってやってみようかと思います。

実際にお金を掛けて海外に治療に行かれた方、仕事を辞めて治療のみに専念をしようと決断された方、そんな方と比べるととても小さなことでお恥ずかしいですが、朝早起きをしてちょっと走ろうかと思ってます。

アトピーがある程度おさまった状態から「きれいな肌」の状態へ。そのための一歩になればよいと思っています。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/21

成長ホルモン分泌不全症とアトピー


関連記事:

タイトルだけを見て、勘違いしないで頂きたいんですが、「成長ホルモン分泌不全症」と「アトピー」が関係しますよということではありません

最近、色々な病気に関する情報を集めたりしているのですが、先日「成長ホルモン分泌不全症」なるものを知りました。

「成人の成長ホルモン分泌不全症」

詳しくは専門のサイトを見て頂きたいと思いますが、ここに出ている症状というのが以前に「重症アトピーだった頃の僕自身」に当てはまるような気がするのです。いや、重症アトピーだった頃の…ということだけではないですね。例えば、

・男としては身長が低め
・痩せてはいますが、体が締まっているというよりは筋肉量が少ないような感じ
・気分が沈みがち
・すぐ脈拍が上がるような感じ

そして何より皮膚が乾燥(乾燥というレベルではないですが)しやすいということがあります。

つまり、何をいいたいかというと、「成長ホルモン分泌不全」というのはホルモンに関する完全な病気ですが、アトピーだった頃もこういう傾向にあったのではないかなぁと思うわけです。

体力的にも精神的にも負の方向に行っていて、「成長ホルモン」自体もあまり出てなかったんじゃないかと(素人的な発想ですが)思いますね。

こういうホルモンとか神経というのは、気分にも影響して、それが相互作用をすることによって更に(悪い方向であれば、その方向へ)加速していくんじゃないかと思います。※素人的な発想ですが。

こういうホルモンを意識的に出すことができればいいんですけど。今回も取り留めのない話でしたが、では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 他の病気 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/19

風邪とアトピー2


関連記事:「1月のアンケートとアトピー」「風邪とアトピー


右の欄に緑のアンケート「風邪を引くとアトピーはどうなりますか?」にご協力頂きまして、ありがとうございます。

上記の関連記事の方でも何度か書いているんですが、「僕の場合、風邪を引くとアトピーが良くなる」という現象が起こっていました。起こっていた…という言い方をしたのは、最近はアトピーもある程度良くなって、どっちの時がどうっていうのはあんまりよく分からなくなっています。

そもそも「風邪を引くとアトピーはどうなるのか?」については、下記サイトなどでも「悪化する」という言い方をされています。
【病気】 風邪でアトピーが悪化する?

で、実際のところどうなのか?について、アンケートを実施した結果(中間報告)は、以下のようになっています。(2007/2/18現在)

・良くなる 72.7%
・悪化する 9.1%
・特に変わらない 18.2%

!!!これまでの結果を見てみると、僕の経験の方に軍配が上がっています。ちなみに、このアンケートは(基本的に)同じ人が何度も投票することはできなくなっていますので、特に情報操作は無いと思います。

なるほど…確かに全員が全員僕のように「良くなる」わけではないと思いますが、少なくとも「僕だけじゃなかった」ということですね。

なお、このアンケートはまだ継続して続けていきますので、まだ未投票の方は是非。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/17

伝えることとアトピー


関連記事:

アトピーの苦しみというのは、実際にアトピーになった本人でなければ分からないものです。いやもしかすると、その親であれば違う形で本人と同じかそれ以上に苦しむことになるかもしれません。

以前に一度、「もしアトピーが完治するとしたら、幾ら払いますか?」というようなアンケートをしたことがあります。ある意味では、その金額の大きさが「苦しみ」というものに近かったのかもしれません。

というように、アトピーの苦しみを伝えるというのはなかなか難しいですが(そして、特に伝える必要があるわけでは無いのですが)敢えて伝えるとしたら、そして何かに例えるとしたらどんな風に伝えますか?

以前にふと、「アトピーの症状」を次のように例えている文章がありました。

アトピー患者の皮膚というのは、枯れてカラカラに乾いた落ち葉のようになっています。そこに何かの拍子に火(=痒み)が付くと、それが一気に燃え上がり、消すのが困難になる。そして、その燃えた後は皮膚が壊れてしまう…

というような感じ。なんとなくうまく伝えている気がします。

今のあなたの苦しさ、何かに例えるならどんな感じでしょうか?今回は、敢えてちょっと皆さんに問いかける形にしてみました。あまり明るい話題ではないですが、気が向いたら是非、コメントをよろしくお願い致します。

右側にある緑のアンケートにも何人かの方は快く投票して頂いていたようなので、ちょっと期待しております。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/15

買ってはいけないとアトピー2


関連記事:「買ってはいけないとアトピー

お待たせしました。前回の続きです。

あんまり引っ張って、期待をしてもらうとその商品に申し訳ないのですが、「これ大丈夫?」と思った商品はこれです。

ジョンソン ソフトクリーム エクストラケア 24hour

確かに宣伝されている通り、
・ベタベタせず、割と固めのクリームなので、皮膚にしみこんで赤くなったりということはありません。
・実際に24時間持つかどうか試していませんが、あまり蒸発しないタイプなので長く持ちそう。

じゃ、何が問題なのか?ということなのですが、それは「匂い」です。強烈な香水のような匂いがするのです。何か理由(つまり、人が嫌がるような匂いのある特殊な成分を含んでいて、それを隠すためにとか…)があって、その匂いをつけているんじゃないかという憶測さえしてしまうような匂いです。

外資系の会社の商品ということで、かなりアメリカンなスケールの大きい匂いがあります。もしくは、駄菓子屋の着色料に似た感じのイメージ。

ただ、「世界水準の厳しいテストをクリアした、安全性とやさしさの証です」という記載もあるので、成分としては大丈夫なんだと思います。

ということで、気になるのは「強烈な香水のような匂い」だけなんですね。これを体に塗って、会社に行くのはちょっと気が引けるので、それは控えています。

僕的な(勝手な)希望としては、この匂いさえなければかなり高得点の保湿クリームなので、できれば匂いなしバージョンが出てくれると嬉しいかもしれません。

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ブログ × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/13

買ってはいけないとアトピー


関連記事:

ちょっとだけ懐かしい話になりますが、数年前に「買ってはいけない」という本が発売され、ちょっとしたブームになっていました。何を隠そう、僕も持ってました。

ただ、内容的にはかなり偏った部分もあり、この本は世の中の製品を否定するような本なのに、この本自体が否定されるような噂も出ていたかと思います。

僕もアトピーということもあって、商品に含まれる有害な物質は気になるところではあったのですが、「そこまで神経質にならなくても…」という感じも否めませんでした。

でも、ちょっと調べてみると2007年に入ってからも「新・買ってはいけない 4 」が出ているんですね。ビックリしました。


で、最近(嫁が)買った保湿クリームで、この本を思い出させるようなものがありました。つまり、「これ本当に大丈夫なのか?」と思わせるような商品です。

「買ってはいけない」などの実際に発売されている本が商品を攻撃しているっていうのは凄いことだと思いますが、この僕の個人ブログのようなものも企業の利益に関係無く、本当の商品の評価を発信できるというのがとても意味のあることかと思います。

ということで、前置きが長くなったので続きは次回にしたいと思いますが、一応商品名だけ挙げておきますと…いや、それも次回にします…

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ブログ × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/11

半ズボンとアトピー


関連記事:「例の芸人とアトピー

先日、ネット上でニュースを見ていたら、「半ズボンをはく子供の割合が減ってきている」というような記事を見ました。

消えた半ズボン少年 「わんぱく」より「かっこよさ」

半ズボン姿の男の子がいなくなった。制服のある小学校の半ズボン丈も長くなっているという。子供ファッションのトレンドの変化か。半ズボンを敬遠する理由は何か。~(SankeiWebより)


(すいません、Yahoo!ニュースで見たと思うのですが、ニュースソースは探せませんでした…)

ニュースの内容としては、最近の子供は(親も?)ファッションや流行を気にして、半ズボンをはかないというのです。確かに昔の子供はみんな半ズボンでした。

僕自身も、昔の子供の頃の写真を見ると、半ズボンをはいていますし、そして確かになんかカッコ悪い…今考えると、そんな寒い格好でよく生活していたなぁと思いますが、この方がアトピー的にはいいんでしょうね。

半ズボンで暮らしていた僕自身がアトピーになっていることが、説得力を無くしているのがちょっと哀しいですが、現在の日本って確かに色々なことがアトピーの方向へ向かわせているような気がします。

アトピーになりにくくするには、以下のようなことが大事だといわれます。
・暑い!寒い!という環境
・冷水を浴びて、副腎を鍛えること
・褐色細胞を活発に活動させること
などなど…要は寒い時には寒いと感じることが必要だということですね。

先日、「最近の子供は過保護に育っているからアトピーなんだ」という意見に対する反論的な意見を述べましたが、それはあまりにその言葉を直接的にとったからで、もっと大きな範囲で考えると、それはそうなってきているんでしょうね…
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (2) |
  5. page-top

2007/02/09

答えを急ぐこととアトピー


関連記事:

便利な時代になったもので、今はアトピーの治療法を探すにしても色々な方法があります。病院に行く、知り合いに聞く…そして、今はネットで調べることができます。

ネットで調べるにしても、お金の掛かっているサイトから、僕のこのブログのような個人の経験を書いているものなど様々です。更には、「Yahoo!知恵袋」のように、ネット上で詳しい人に聞くという方法もあります。

そういう所もちらちらと見ていたのですが、「助けてください、私の友人の子供がアトピーで真剣に困っています。」という質問に対する回答で、僕のこのサイトへのリンクを張って頂いていた回答者の方がいました。知らないところでも何らかの役に立っているかもしれないというのは、嬉しいことです。

ただ、そういう質問を見ていると、どうしても追い詰められてしまっている方が多いと感じます。それは仕方の無いことではあるのですが、「アトピーを一発で完治させる」方法は難しいと思います。逆に言えば、長期に渡って改善させていく覚悟が必要ですし、「治る」と断言しているのは怪しいと思わないといけないと思います。

追い詰められていればいるほど、より怪しい商品に手を出してしまう…これは普通に考えれば分かることだと思うのですが、わらをも掴む思いの時には分からなくなってしまいますよね。

新しいものに手を出す前に、一度考えるということも必要かと思います。重症アトピーから乾燥肌程度になった僕から言えるのは、そういうことだけかもしれません。
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/07

副腎とアトピー


関連記事:「状態の改善とアトピー

30年もアトピーを続けていると、経験的に分かってくることって多くあります。例えば、「食事を摂らない方が」状態が良かったり、「ある程度のストレス」があった方が良かったり…

でも、こういうことをハッキリと明確に伝えてくれている本や医者とかってあまり見かけません。

先日、ネットでアトピーのことを調べていたら、正に僕の考えに近い形でアトピーを治したという方がいらっしゃいました。そのサイトは、「今夜からはじめる体質改善」です。

サイトをきれいに作られているのはいいのですが(まあ、それはどうでもいいかもしれません)、そこに書かれていることが、「ああ、なるほど」「今までの経験に照らし合わせてみると、ぴったりくる」ということばかりでした。

今までうまく言葉にできなかったアトピー改善のもやもやしたあたりは、この「副腎を鍛える」というような理論に集約されるのかもしれません。今更なことを…と思われている方も多いかもしれませんが、確かに僕は「副腎が鍛えられることによって」治ってきたのかもしれません。

もうちょっと深くこの「副腎」について勉強して、「なるほど」というあたりを深めていきたいと思っています。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ブログ × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/05

温泉の効能とアトピー


関連記事:

今日は、幾つかの気になるニュースがありました。

一つは、日本テレビのアナウンサーの方が自殺されたというニュース。原因は、難病を抱えていたからだということ。これは、症状の大変さや急に発症した時のショックなどには差があるにしても、アトピーでも自殺される方がいることを考えると、色々と考えさせられるニュースでした。病気というのは、体と共に精神もやられてしまうんだということを再認識させられます。

そして、気になるニュースのもう一つは、全く違って「温泉の効用、適応症基準を科学的に見直し…25年ぶり」というものです。内容的には、以下のような感じでした。

伝承や温泉療養などの経験則を基にした温泉の効用(適応症)決定基準が見直されることになった。根強い温泉ブームの中、正確な表示を求める利用者のニーズに応えるため、環境省が科学的に検証し直すことにした。来年度中に検証を終え、2008年度にも新基準を策定する。



温泉の成分を正確に分析し、その効能を正確に伝えてくれるのはかなりありがたいことです。でも、その科学の正確さゆえに、根拠がハッキリしないもの、つまりアトピーへの影響などを謳ってしまうのは難しくなるかもしれませんね。

温泉は精神的なリラックス効果もかなり大きいと思いますので、「効能をハッキリ明記する」ことで「プラシーボ効果」が無くなってしまう可能性があるのでは…というのが、ちょっと心配なところですが。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/02/03

例の芸人とアトピー


関連記事:「味の向こう側とアトピー」、「芸能人とアトピー

最近、ある記事を見て思うことがありました。「アトピーになる人は、過保護で小さい頃に雑菌に触れていなかったのだ」というような趣旨のことが断定的に書かれていました。

まあ、もともとこういうアトピーのように複雑な病気に対して「原因はこれだ」とか、「これをすれば治る」みたいな断定的なことをいう人は信用していませんので、こういうことを言う人もいるんだなぁと思ったのですが、もう一つ思いました。

例のアトピーの芸人さん。(ちょっと気が引けるので、敢えて名前は書きませんが…ヒントは、関連記事)その人は、小さい頃には家が無くて公園に寝泊りしていたということです。

雑菌だらけの外の公園で生活…つまり、よく目にしますが「昔はアトピーという病気は無かったし、今の子は外で泥だらけになって遊んでないからそういう病気になっちゃうんだ」みたいなこと。本当にそうなんでしょうか?

「雑菌に触れていれば、抵抗力がついてアトピーにはならない」というのが本当であれば、公園で寝ていたのは清潔な環境だったのか?アトピーは、そう簡単に割り切れるような病気ではないような気がします。

…すいません。ふと、思っただけのことです。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (2) |
  5. page-top

2007/02/01

耳とアトピー


関連記事:「サーファーズイヤーとアトピー」、「難聴とアトピー

これまで何度も言い続けて、既に飽きられてきた感じもありますが、敢えて再度言いたいと思います。本当に「アトピーは複雑な病気」ですよね。

塩療法によってアトピーがよくなる人もいれば、それによって急激な悪化をもたらす場合もあります。また、(僕自身の経験で申し訳ありませんが)適度の緊張とか仕事によるストレス、もしくは風邪を引くことによってアトピーがよくなったりということもあるわけです。

※風邪を引いた時どうなるかについて、是非、右側の緑のアンケートに投票をお願いします!

そして、先日(上記関連記事にて)をいじるのはアトピーに良くないというような記事を書きました。確かに、の奥がかゆいような場合に、それをいじってしまうのは良くないことではあると思うのですが、を刺激することによってアトピーを改善させるという方法もあるようです。

それは、「つぼ刺激」という方法。相変わらず、疑い深い僕としてはどうなのか気になるところではありますが、どうやら鍼灸と同じような効果があるようです。ちなみに、つぼ刺激は、たぶなど(耳の外側)にあるつぼを刺激するというものです。

鍼灸に近い効果をもたらすものとしては、「爪もみ療法」などもありますが、確かに自律神経を整えたりして免疫系の病気に効果を持つということも聞きます。

何より一番いいのは、お金が掛からないこと。ちょっと僕も試してみようかと思っています。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。