どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/06/29

スキンバンクとアトピー


関連記事

アトピーが重症の頃、先が見えない頃には、様々なことを考えました。
「この自分の皮膚を全て取り替えることができないかなぁ」とか「自分の血液を全て入れ替えることができれば…」と思ったりしました。

そんなことを思っていたのもかなり以前の話なのですが、最近ある言葉を知りました。それは、「スキンバンク」という言葉。

スキンバンクとは遺体から皮膚を採取し保存しておき、皮膚の移植が必要な方に利用するというものです。簡単にいえば、臓器バンクの皮膚版ですね。

こういうスキンバンクは、もう他に手段が無いという方、つまり火傷や重度の病気によって皮膚を必要とされている方に使われるものだと思います。深刻さからいうと、アトピーに利用されることは無いとは思います。

ただ、こういうことから思うのは、医療体制の進歩や発展によって、アトピーに対しても皮膚を新たにできるような技術が利用できる日がくればなぁと思います。

今日は、もうちょい未来に期待するような話でしたが…では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/27

カビとアトピー


関連記事:「加湿器とアトピー

全く実感も何も無いですが、梅雨の季節になりました。

こういう季節的なイベントがあると、健康雑誌やサイトでは「梅雨で気をつけること」というような記事が掲載されます。アトピー関連でも、梅雨を原因とするカビには気をつけましょうという言葉がたくさん羅列されることになります。

では、実際にカビってアトピーにどれくらいの影響を与えているんでしょうか?僕の経験からすると(何度もいうように僕だけの経験ですが)、あまりよく分かりません。

重症の際にいわれたこととしては、傷口などにはカビや菌が付着しやすく、またそのせいでなかなか治らないことが多いということです。そのため、傷口の殺菌や環境を清潔に保つことは重要であると教わりましたし、確かにそうだと思います。

ただ、一つ推測できるのは、カビが「かぶれやアトピーを発症させる原因にはなる」と思うのですが、「既に重症アトピーになっている場合、部屋のカビを除去したくらいではあまり効果が無いのでは?」というのが実感です。

ただ、カビの無い環境で過ごすにこしたことは無いので、気をつけたいと思っています。

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/25

ノニジュースとアトピー


関連記事

アトピーを治すために!というように気合を入れていくことも必要ではありますが、日々継続していって、なおかつアトピーが治ってからも健康のために継続するようなことをやるのも必要ですよね。

で、最近「ノニジュース」を飲み始めました。


アトピーにノニジュースがいいというのは、以前からよくいわれていることで、かなり前に試したことがあったのですが、やはりそのまま飲むとマズイ…です。

ということで、敬遠していたのですが、(普通の対処法で申し訳ないのですが)他のジュースに混ぜることで継続して飲んでいます。更に、家族とかと住んでいる場合には、知らないうちに飲み物等に混ぜてもらっているといいと思います。

ノニについて調べると、様々な病気に効果があるようですが、薬ではないので飲み合わせや飲んではいけない病気というものも無いようです。アトピーに対しては、飲むのはもちろん、皮膚に塗る方法もできるようです。また、アトピーに対する直接的な消炎作用だけではなく、ストレスや不眠に対する効果もあるということなんですね。

そういうことを聞いているからか分かりませんが、(プラシーボ効果?)体調は良いような気がしています。

最近は、普通にスーパーでも売ってますね。では!


「ノニスピリット」初回お試しセット【ノニジュース専門E-ノニ屋】
「ノニスピリット」初回お試しセット
4,000円
商品ページへ
Ads by STMX

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/23

間接的な理由とアトピー2


関連記事:「間接的な理由とアトピー

以前に、アトピーになっている原因は「あまりアトピーと関係無いと思えるようなこと」も原因になりえるのではないか?というような話を書きました。

ただ、色々考えてみたんですが、アトピー自体もアトピーの原因になり得るのではないかと思います。それはある意味、「直接的な原因」じゃないか!と思われるかもしれませんが、一般に直接的な原因は、アレルゲンといわれるものだったり、皮膚に何らかの刺激があるものだったりします。

ここでいう「アトピー自体」というのは、自分がアトピーであるということ自体が強烈なストレスになって、更にアトピーを発症しているのではないかということ。簡単にいえば、悪循環っていうことなんですが、それがアトピーを抜け出すことを更に難しくしているのだと思います。

一般に一流という人は、なぜ強烈なプレッシャーに打ち勝ったり、一般の人にない力を出すことができるのか?それは、自分が一流であることを自覚しているからだと思います。比喩が微妙にずれてしまっているかもしれませんが…逆の話で、アトピーを自覚するがゆえにアトピーを悪化…というのは実際にあり得ることだと思います。

その解決法は?僕が思っているのは、「気にしないこと」。意外に簡単な言葉でありますが、実行は難しく、アトピーへの効果はあると思っているのですが…ご意見があれば、是非!

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/21

地域差とアトピー


関連記事

アトピーは地域によって多い、少ないというのはあるのでしょうか。答えは「ある」でしょうね…当然ですけど。
ただ、どこかに行けばアトピーが治る!ということは無いと思います。治った人はいるかもしれませんが、人によって影響が異なるでしょうし、全員が治ることは無いと思います。

で、こんなニュースを見かけました。
島根・鳥取のアトピーの子供 全国平均の2倍超も
ニュースの中で、専門家は「山陰で比率が高いというのは聞いたことがない」と言っているとのことですが、こういうことを聞くたびに専門家ってどこまで信用してよいのか分からなくなります。

「比較的、空気や水がキレイな土地なのに変だなぁ」みたいなことは特に思いません。それは、アトピーという複雑な病気であれば、そういうこともあり得ると思います。ある程度汚い環境で育った方が免疫がつくこともあるだろうし、何かその地域に原因となるものがもしかしたらあるかもしれないからです。(黄砂とか…わかりませんが)

そしてもう一つ思うのは、確かに「統計の不確かさ」はあると思います。体質という微妙な病気だということで、病院に行かない人も多いだろうし、かなりプライベートな内容でもあるだろうし、そして実際そんなアンケートは僕は受けたことが無いし…(※今回のこのニュースの統計は学校で取られたものですが)

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/19

空気で洗うのとアトピー


関連記事:「エアーシャワーとアトピー


先日、エアーシャワーとアトピーという記事を書きました。体を水で洗うのではなく空気だけで、落屑を除去できればいいのではないか?という考えです。

もともと乾燥タイプのアトピーの場合、汗などをあまりかかないため、それほどよく洗う必要もないし、更に傷がある場合には水に沁みるため、空気で汚れを飛ばせばいいじゃないか!という記事でした。

と、思っていたら実際に水を使わず「空気で洗う洗濯機」というのはあるんですね。それは…

空気で洗う AQUA

この洗濯機に人間がそのまま入るのは無理ですが、こういう技術を応用した「アトピーの人専用のシャワールーム」みたいなものができないかなぁと思います。是非、お金のある方は作ってください!僕は無理ですが。

では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アイデア × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/17

虫刺されの薬とアトピー


関連記事

ステロイドは必要な薬だと思います。アトピーの治療法としては、ステロイドというのは問題にもなっていますが、アトピーでない方々にとっても当然必要な薬なわけです。

例えば、虫刺されの薬として有名な「ウナコーワA」という薬にはステロイドが入っているとのこと。ステロイドという言葉には敏感な僕も、どの薬にステロイドが入っていて、どれに入っていないというところまでは知りませんでした。

昔から使っていた、家の中ではお馴染みだった薬に、実はステロイドが入っていたということになると、大変です。

健康な人が一時的に使う分には問題にはならないステロイド入りの虫刺されの薬でも、既に長期間使っていて皮膚が薄くなっているアトピーの方は使いたくないだろうし、炎症部分の傷に細菌が付いていて、ステロイドを使うことにより悪化させてしまうこともあるようです。

更に脱ステロイドを行っていて、意識的にステロイドを排除しようとしている方は、当然気をつけないといけないことではあります。

普段から使っている薬や、夏のキャンプ用品に含めていた薬をちょっと調べてみるというのは、大事かもしれませんね。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 薬 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/15

笑う母の母乳とアトピー


関連記事:「笑いとアトピー」「笑いとアトピー2

先日、気になるし納得もできるニュースを見つけました。それは、よく笑う母の母乳は「抗アレルギー作用がある」との実験結果が発表というもの。内容は、こんな感じです。

よく笑う母親の母乳は「皮膚性アレルギーの子どもに好影響を与える」という実験結果が、16日発行の英科学雑誌New Scientistに発表された。
ダニおよびゴムに対するアレルギー反応を調べたところ、チャプリン映画を見て笑った時の母乳では「アレルギー反応が著しく低下した」という。
これは気持ちを和らげる効果があるホルモンの一種である、メラトニンに関係しているとみられる。アトピー患者におけるメラトニン濃度は低いが、笑った母親の母乳には高濃度のメラトニンが含まれていた。


なるほど。含まれる成分の難しい名前や影響については、よく分かりませんが、笑うことによる良い影響が母乳により子供にも与えられるということですね。チャップリン映画で実験したことが気にはなりますが、そこら辺は自分の好きな映画やお笑いや音楽でもよいのかもしれません。

そして、もう一つ。実際にお子さんを持つ母親の方々に、このニュースの感想を伺いたいですね。確かに!と思うか、えぇ~と思うか。
もし気が向いた方がいらっしゃれば、是非コメント頂きたいと思います。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/13

衣替えとアトピー


関連記事

ちょっと記事にするのが遅れましたが、6月に入り「衣替え」を行われたと思います。私の勤めている会社でも「チームマイナス6%」ということで、クールビズの推進が行われています。

ただ、やはり腕はアトピーの痕も残っているため、半そでのワイシャツでは出勤していないのですが、ネクタイ無し・上着無しという服装になっています。(アトピー痕を見られることは気にしなくてもいいかもしれませんが、少しでも仕事に集中したいですからね)

で、それはいいのですが、この「衣替え」の季節になると思い出すことがあります。それは、クローゼットの奥から引っ張り出してきた真夏用のスーツで起こったことです。

長期間しまってあった衣類は、やはり一度クリーニングに出すなどした方がいいのかもしれませんが、そんなことをせずに着ていった時に、手の甲が凄く真っ赤にかぶれてしまったことがありました。

その時に理由は気づかなかったのですが、後で考えるとスーツのポケットにダニか何かがいたようなのです。

ということで、長期間しまってあった衣類には気をつけましょうという話でした。こういうかぶれ等がアトピーを一気に悪化させたり、治っていたものをぶり返すトリガとなったりしかねないですからね。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 衣服 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/11

世の中の状況とアトピー


関連記事

もしかすると気のせいかもしれませんが、最近このFC2ブログのアトピーカテゴリに登録されているブログ数が急に増えてきたような気がします。

思うのは、こういうアトピーブログの数が増えるのとアトピーの患者数が増えるのは、無関係では無いのではないかということ。いや、もしかすると全く全然関係無いかもしれません…

この時期にアトピーが増える理由として考えられるのは、以下のようなことだと思います。

・夏が近づき、汗によるアトピー悪化が出てきた。
・夏が近づき、肌を露出するような薄着になることに抵抗がある人が増えてきた。
・先日ニュースにもなっていた黄砂の影響が出てきた。
などなど…

ということで、気になったきたので、gooで提供されているキーワードグラフというのを掲載してみました。これは、検索ワードとして「アトピー」という言葉がどれくらい入力されているかを示すものです。

※クリックすると、詳細が見れます!
goo キーワードグラフ
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.


う~ん、これを見る限りでは急激な増え方はしていないようですね。今後もこういったデータについても注目していきたいと思っています。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/09

体が受け付けないものとアトピー


関連記事

成人になってからのアトピーについては、子供に比べて食べ物からの影響は少ないということはいわれていますが、気をつけていくことの一つではあると思います。

30数年生きてきて、やっと最近になって確信を持てるようになったことがあります。それは、「ある食べ物(や飲み物)は、体が受け付けない」ということです。

具体的にいうと、健康状態がよい場合にはあまり分からないのですが、ちょっとだけ調子が悪い場合などには顕著に現れてくることがあって、それは以下のようなものを食べるとお腹を壊すということです。
・チキンラーメン
・砂糖入りの缶コーヒー(ブラックはOK)
・大量のそば茶を飲んだ時

これは体質的なものなのだと思います。牛乳を飲んでお腹を壊すというのはよく聞きますが、僕はそれはありません。また、アトピー的にはアルコールがよくないという意見もありますが、僕の場合は大丈夫です。(飲みすぎとかは別にして)

こういうことを考えただけでも、個人の体質に依存するアレルギーというのは複雑だと感じます。

で、重要なところですが、お腹を壊した時に「アトピーに影響があるか?」ということなのですが、実はあまりよく分かりません。少なくとも急激な悪化はしていないですが、腸内環境を悪化させるという意味では良くないことなんだと思います。

そして、更に困ったことに、(その症状がとても重くて、何度もそれを体験していったら違うのかもしれませんが、)上記のチキンラーメンとか缶コーヒーって大好きなんですよね。それがアトピーという病気を阻む壁の一つなのかもしれません。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/07

日焼けとアトピー3


関連記事:「シミとアトピー」「日焼けとアトピー2」「日焼けとアトピー

またまた、この季節がやってきました。強い日差しと周囲の人の肌の露出具合によって、「夏だなぁ」とウキウキする反面、汗による痒さやあまり肌を露出したくないという気分が出てくる頃です。

そしてもう一つ重要なのが「日焼け」への対策です。ネット上でも日焼けについて調べると、嫌というほど多くの情報や「紫外線がメラニンを…」みたいな、結局どうでもいい情報も沢山あります。

で、結局アトピーの人はどうすればよいのか?っていうことなんですが、僕の考えを書きたいと思います。

アトピーで問題になってくるのは、「紫外線を防ぐ」ということと「肌の痒さを抑える」の二つをどう両立するか?ということだと思います。

・一番ベストなのは、何も塗らず日光に当たらないようにすること。でも、それは難しいかもしれません。

・日焼け止めを塗るとなると、ある程度のアトピーの場合、「痒くならないようにする」というのはかなり難しいと思います。紫外線で肌を痛めるのとアトピーによる炎症によって痛めること。これがどれほどの違いがあるのか分かりませんが、僕の意見としては「肌に何かを塗るのではなく、服を着たり日影に入ることで日焼けを防ぐ」方がいいのではないかと思ってます。

・そして、アトピーの状態によっては「肌に塗っても痒くなったりしない、自分に合った日焼け止めを探すことができれば」それはいいことですよね。

ということで、日焼け止めを使っていくのであれば、SPFの数値とか、配合成分に惑わされずに「塗っても痒くなったり赤くならない日焼け止め」をテスターとか使って探すのがいいのかもしれません。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/05

食う寝るとアトピー


関連記事

アトピーを悪化させないために、気をつけていることがあります。

特に、僕と同じようなタイプの方は、既に身を持って感じているということもあるかもしれません。まず、「僕と同じようなタイプの方」というのは、胃腸が強くない方です。アトピーの原因として、胃や腸で消化しきれなかった食べ物を外敵と判断してしまい、アトピーを悪化させてしまうことがあります。

僕は多分そのタイプで、(栄養の吸収力もよくないためか)食べる割には痩せているタイプです。

そんな僕が気をつけているのは、「食べてすぐに寝ないこと」。つまり、食べ物をちゃんと消化する時間を胃腸に与えてから寝ることを心掛けています。仕事をしていて夜も遅くなると、なかなか難しいですが、食べてすぐに寝てしまった次の日は、胃腸の調子も悪く、アトピーの状態もあまりよくないことが多いです。

ただ、毎回言いますが、これは僕の症状なので、全ての方々に当てはまるとは限りませんが、参考程度に聞いていただければと思います。

あと、訪問者数の割に、コメントが全くつかないこのブログですが、コメントを書くのが面倒だっていう方は、ぜひとも下にある「拍手」ボタンを押してって下さい。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/03

間接的な理由とアトピー


関連記事

アトピーの治療というと、肌を保湿したり、薬を塗ったり、食べるものに気をつけたり…というのは当然のことだと思います。

というように症状に対して直接何かをするという治療は当然必要だと思いますが、アトピーを発症してしまっている原因がもっと他にもあるかもしれないということも考えた方がよいと思います。

それは、よくいわれるように職場でのストレスであったり、毎日過ごしている環境だったりということもあります。

更にいえば、歯が悪いことが間接的にアトピーを発症していたり、背骨が曲がっていることが原因だったり…(ここからは、もしかすると…ということですが)眼鏡とかコンタクトの度数が合っていなかったり、毎日履いている靴が合っていなかったり、髪の毛が邪魔だったり、近所の騒音によるストレスだったり…

というのは幾らでも考えられるのですが、アトピーってそういうことも無関係ではないと思います。気づかずに溜め込んでいた体へのストレスなどが、実は間接的に影響を及ぼしているということ。それが逆にいうと、根本的な解決方法だったり、ということもあるかもしれませんね。

では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/06/01

エアーシャワーとアトピー


関連記事

今日の話はアトピーの方には多分共感してもらえると思います。そして、共感できた場合には是非コメントを頂きたいと思います。

アトピーってやはりちょっと特殊な病気で、治療に際しては薬だけではなく、様々な衣類や器具や道具が発売されています。ご存知の方も多いと思いますが、以下の「もぐもぐ共和国」というサイトでは色々なアトピーグッズが販売されています。




で、僕もちょっと考えたことがあったので、(できるできないは別にして)アトピー関連器具案を述べたいと思います。

それは、家庭用エアーシャワーです。エアーシャワーをご存知無いという方はちょっと調べてもらえばよいと思いますが、以下のようなものです。

エアシャワー (air shower) とは、クリーンルームなどの出入口に設けられる装置である。
清浄空気で満たされたクリーンルーム内に外部から人や物が入るとき、一緒に塵埃などの汚染物質を持ち込ませないように洗浄する必要がある。そのためクリーンルーム室内と外部の間に、二重扉によって仕切られた小部屋を設け、中に入ってきた物に清浄空気を吹き付けることで塵埃を除去する。
エアシャワーにはエアフィルタおよび送風機が組み込まれており、壁面の吹出し口から風速約20m/sの清浄空気を吹き付ける。(wikipediaより)


実は昔、とある工場のバイトをしていた時にエアーシャワーを使ったことがあるのですが、これが家庭用にならないかなぁと思います。というのは…
・アトピーによる落屑をなんとかスッキリしたい。
・しかし、水などを使うと傷にしみたり、皮膚の油分が失われたりするため、普通のシャワーは使いたくない。
・皮膚は乾燥しているため、汗などもすくないので、落屑やフケ・瘡蓋などだけを除去したい。

というようなことがあるからです。とにかく強力な風で体をスッキリさせたいと思いませんか?もし実現したとしても、高価だと思いますけど...では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アイデア × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。