どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/10/27

朝夕の違いとアトピー


関連記事:「韓国とアトピー

以前にも書きましたが、韓国発のアトピー情報を目にすることが多いです。
今回もそんな中から東亜日報という韓国の新聞社が発信するニュースから。

初期は生活習慣の矯正、ひどければ薬治療と注射

この記事自体はよくあるアトピーの治療法等に関するものなのですが、その内容を読んでいて気づかされたというか、思い出したことがありました。アトピーに関して言えば、気をつけることを列挙したら幾らでも出てくると思うのですが、そんな中で意外に重要だろうと思われることです。それは…

ステロイド薬は朝に、抗ヒスタミン剤は夕方に

というもの。確かに、アトピーが重症で入院をしていた頃には、このようなことを聞かされたような気がします。

まず、ステロイドに関しては、「人体は元来、朝にステロイドを分泌するため、この時に薬を塗れば、異常反応を起こさない」ということ。逆にステロイドを夕方に体内に入れてしまうと、アトピーを悪化させる原因になるということです。

で、抗ヒスタミン剤を夕方に摂りこむ理由としては、「眠気を誘発するから」。これは、二次的な作用もうまく利用しようということなのですが、それがうまくはまれば良さそうですね。

その他、この記事に関しては意外に納得できるものが多かったので、取り上げさせて頂きました。

この内容に関する反論や意見等、ありましたら是非お寄せ下さい。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (2) |
  5. page-top

2007/10/21

悲しいニュースとアトピー


関連記事:

本当に悲しいことではありますが、アトピーに関連する悲しいニュースというのは、無くならないようです。

アトピーに関する悲しいニュースというのは、アトピーを苦に自殺するとか殺してしまうとかというものがあると思います。更にいえば、それらはニュースに活字として現れることは少なく、病気を苦にとか、周囲の人が気づかないで本人だけが苦しんでいたというケースも少なくは無いと思うわけです。

で、先日目にしたニュースは、また別のものでした。
男児をコンクリートに詰めて遺棄をした事件

死因は「絆創膏をのどに」と母親が供述。
浜野容疑者は、京太郎ちゃんの死亡時の状況を「急に横になり、意識を失った」とし、さらに、アトピー性皮膚炎の京太郎ちゃんが肌をかきむしらないようにと、両手のすべての指に巻いた絆創膏が、死後、一つだけなくなっていたと供述。
指をしゃぶっていてのどに詰めた可能性が高い。


アトピーが間接的に関わってしまった事故のケース。本当に完全な事故だったのかというところは分かりませんし、僕とかが詮索するところではないと思いますが、ニュースの内容をそのまま受け取ると、母親が子供のためと思ってしたことが、子供を死に導くことになってしまったという、何とも悲しいケースでした。

本当に何がどう影響して事故というものが起こるかは難しいですが、とにかく悲しい、そして今後はこんなことが起こらないように気をつけたいニュースでした。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/19

芸人とアトピー


関連記事:「例の芸人とアトピー」「ビューティコロシアムとアトピー

以前の記事で、僕はこんな感じのことを書いていました。

(ビューティコロシアムでやっていた)ニキビの治療まではバラエティ番組でできるだろうけど、アトピーは無理なんじゃないか


でもそれは間違ってました。それが、この番組。
アメトーーク!

先日、芸人持ち込み企画のプレゼンが行われていて、今後どういう芸人特集をやったら良いかということを提案されていました。その中の一つがこれ。

「肌の様子が何かおかしい芸人」ということで、肌荒れ自慢とかお勧めの病院紹介とか、お勧めの薬紹介とかをするという企画案になっていました。出演者は、ネプチューン堀内健、ブラックマヨネーズ吉田敬、笑い飯西田幸治、ネゴシックス、麒麟田村等…とのこと。

で、それぞれのプレゼン企画の実施有無については、視聴者の投票によって決まるようで、こちらの投票フォームから、(10/19現在)投票可能になってます。

芸人持ち込み企画プレゼンSP 投票フォーム

本当に実現したらどんな番組になるんだろうと思って、僕も一票入れておきました。

ちなみに、そのプレゼンの中で麒麟の田村さんがポケットから取り出して塗っていた薬があったのですが、それが「めっちゃいいですこれ」って言っていたので、ちょっとだけ気になっています。ご存知の方がいらっしゃったら是非教えて下さい。

このアトピーということをお笑いに持っていくということの凄さは、ちょっとびっくりでしたね。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/17

きっかけとアトピー


関連記事:「」

今日の話題は、アトピーにどう向き合っていくか?どう対処するか?というようなことではありません。ふと、みているとこんなニュースがありました。
こだわり野菜倶楽部

こだわり野菜倶楽部は、佐賀大の研究生や食の安全に関心のある市民らが05年に設立した。農薬や化学肥料を使わない農業を応援するのが目的で、(略)


ということで、普通といえば普通だし、アトピーには良いことなんでしょうね。で、こんなことが書かれていました。

県庁の職員だった熊谷さんが、農業や食の安全に興味を持ったのは、孫のアトピーがきっかけだった。


なるほど。これも普通といえば普通だし、何ということも無く読み飛ばしていくようなことかもしれませんが、「何か」をするキッカケとしてアトピーがあるわけですよね。

つまり、アトピーは確かに憎むべきものではありますが、アトピーによって様々なことが起こっているのではと思います。アトピーを持つ親の会とか、アトピー改善のための旅行ツアーとか、医療グループとか。

そして、このブログもそうだし、このブログを通じて知り合える人もいるだろうし。中には結婚をしたり、ビジネスに発展したりということもあるだろうと思います。

という当たり前のことに気づくとともに、いろいろと考えさせてくれるのもアトピーなんだなぁと思いました。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/15

亜鉛とアトピー


関連記事:

こういう個人ブログの良さっていうのは、アトピーであれば、実際の辛さだったり、リアルな症状だったりというのを直接知ることができるというところにあるのかも知れません。

そういう意味では、アトピーがかなり軽くなっている現在の僕の状況には、あまり興味が持たれないのかもしれません。ですが、ここまで良くなった理由を探っていくということは意味のあることだと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ということで、(その話に直接繋がっているわけでもないのですが)アトピーが重症だった頃に沢山買っていた、様々なサプリメントや塗り薬を整理することにしました。

その中で出てきたのが、亜鉛のサプリメント。あまり亜鉛にどういう効果があるのかを理解しないまま、どこかで「アトピーには亜鉛がいい」ということを聞いて買っていたのだと思います。

ということで、今更ながら調べてみました。

まず、その摂取の難しさ。亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂らないと吸収されないらしいのです。多分、牡蠣にレモンを振るのは、そういう昔からの知恵があるのかも知れませんね。

で、吸収した後、体にどういう効果があるのかというと、細胞の新陳代謝を促すということらしいです。

ただ、ちょっとだけ気になるのは、普通の肌であれば新陳代謝を促すことにより、古い角質を落として肌を綺麗な状態にするのかもしれませんが、アトピーの場合、「新陳代謝のサイクルが早すぎる」という面もあります。新しい皮膚が出来る前に、炎症や掻き壊しで皮膚が取れてしまう…

この亜鉛も、アトピーが軽症になってからは効果があるのかもしれませんが、重症の時にはあまり効果が見られなかったような気がしています。

という感想を思い起こすと同時に、当時のちょっと辛かった頃のことも思い出したりしていました。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/13

体内メーカーとアトピー


関連記事:「世の中の状況とアトピー

念のため言っておきますが、今日の記事はアトピーに関係ありそうで、あんまりありません。

ネット上には様々なサービスがありますが、ちょっと流行った脳内メーカーの発展形で体内メーカーをやってみました。この結果に対する信憑性云々は話すまでも無い遊びですが、試しにやってみたいという思いはやっぱりありますよね。

で、僕の本名とこのサイトでの「アトー完」という名前でやってみたんですが、本名はかなり綺麗な体をしているのに、アトー完の酷さにはちょっとがっかりでした。何かがんばれといわれているような気もするので、このサイトに貼り付けておいて自分自身を戒め、気をつけていきたいと思います。

ということで、結果はこんな感じ。

体内メーカーの結果


これをやって、アトピーはどう変わるということは無いと思いますが、よかったら是非。

で、あと思うのは、アトピーメーカーはどうかなぁというくらいですね。体全体の絵の中で、どこらへんの部位の皮膚が弱いですよとか、血が出てますよとか。それが、ぴったり合ったら本当に恐いですけど。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アイデア × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/11

泉州タオルとアトピー


関連記事:「形状記憶ワイシャツとアトピー」「引き算の健康法」「シンプル治療の再確認です

一つのことを極めるっていうのは、かっこいいし憧れますね。
またまたアトピーに関係するニュースを探していたら、こんな記事を見つけました。
<こだわり人>「泉州タオル」確立へ奔走

「自分の作るタオルがアトピーの原因かもしれない」。重里社長が安全なタオル作りに取り組み始めたのは1992年ごろ。アトピー性皮膚炎を抱えた長男がしゃぶるタオルが白く脱色しているのを見てショックを受けた。


ということで、環境や安全に配慮したタオルにこだわり、作り続けているということなのです。

タオルに関して完全な素人な僕なので、タオルを作るにも様々な化学薬品が使われているということはあまり知らなかったので、改めて知らされたという感じですね。

思い起こしてみると、新しく買ったタオルとか(申し訳ないですが)誰かに頂いたタオルを最初に使うときには、かなり強い匂いを感じることがあります。ただ、それが直接アトピーに結びつくかどうかは別問題ですが、体に良くないことは確かじゃないかと思いますね。

あと、何かアトピーにも共通しているんじゃないかと思えることが書かれています。それは、「化学薬品の洗浄工程が省けるようになり、エネルギー使用量を3割、水使用量を5割削減できるようになった」というあたり。

僕の考えている治療の方法もそうなんですが、とにかくシンプルにしていった方がいいんじゃないかと思っています。要は様々な薬とか保湿とかサプリとかを体に入れるんじゃなくて、できれば何もしないで免疫力を高めていくということ。

アトピーに限らず、様々なことにも共通しているかもしれませんね。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/09

壊れるPCとアトピー


関連記事:「症状レベルとアトピー

このブログを見て頂いている方というのは、多分、何らかのアトピーとの関係があって、当然ですがパソコンを持っている方だろうと思います。

僕ももちろんそうなので、そういう方々であれば分かって頂けると思うのですが、意外にアトピーというのがパソコンに与える影響は大きいと思うのです。パソコンの電磁波がアトピーに影響するという話ではなくて、アトピーがパソコンに与える影響についてです。

それは、落屑のこと。つまり、皮膚とかフケとか体から落ちるものが、どうしても家の中にたまってしまうと思うのですが、それがパソコンにも溜まってしまう…

そして、その落屑というのが細かくてパソコンに入り込んでしまうわけです。多分、それが影響ですぐに壊れるということは無いと思いますが、明らかにパソコンの寿命を縮めていると思われます。

先日もパソコンが不調になり、開けてみると残念ながら結構な量のホコリが入ってしまっていました。必ずしもその落屑のホコリによる原因とは言い切れませんが、基板上にもたまったホコリは回路をショートさせたり…という影響を与えそうな感じでしたね。

別にアトピーがどうのこうのということは無くても、パソコンは壊れるものですが、やはりちょっと気をつけていくべきところかとも思いました。直接体自体に影響することではないですが、気をつけていきたいと思ってます。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/07

温泉のもう一つの効能とアトピー


関連記事:「温泉の効能とアトピー」「温泉とアトピー」「温泉の効能は?


夏も終わり、涼しくなってきましたが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

最近僕は、休みの日とか金曜の夜などに近くの温泉というか、スーパー銭湯みたいなところに行っています。一応、お湯は湧き出しているようですし、効能として皮膚炎というのも書かれていますので、温泉と呼んでいいんだと思います。

ただ、アトピーに対して温泉が良いかどうかについては、注意が必要だと思っています。というのも、重症アトピーの場合にはお湯によって症状が良くなるというのは難しいのではないかと思っているからです。

傷も無く乾燥している程度(現在の僕の状態ですが)という場合であれば、温泉やサウナによって汗を出していくというのは悪くないんじゃないかと思っています。

で、タイトルとして書いている「もう一つの効能」についてですが、それは自分の肌を自覚し、他人の肌を見ることです。これは、人それぞれ感じ方は違うかもしれませんが、僕の場合はよく温泉に行って「アトピーでない人の肌」を見ることによって(そんなジロジロ見ませんが)、自分がアトピー肌であることを自覚し、治そうという意識が強くなります。

おまけにですが…アトピーの肌を治そうという意識と同時に、この貧弱な体を鍛えようかなぁという意識も出てきます。ただ、三日坊主とかで終わることも多いですが…

とにかく、治す意識としてのリラックスも必要なんじゃないかと、最近は思っています。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (2) |
  5. page-top

2007/10/05

転地療養とアトピー


関連記事:「旅行に行くと症状はどうなりますか?

これまで、ニュースとアトピーを無理矢理結びつけた記事が多かったですが、今回はちょっとお勧めなニュースがありました。

日本旅行、環境汚染のない生活を体験できるモニターツアーを発売

日本旅行は、「赤い風船センテニアルシリーズ」での新たな試みとして、株式会社南会津観光公社との共同企画で、環境汚染のない生活のすばらしさを体験する「モニターツアーinあらかい健康キャンプ村」を発売いたしました。


とのこと。

そして、この「あらかい健康キャンプ村」というのは、環境汚染物質(化学物質・電磁波)を極力低減させた転地療養地として2007年の8月からモニター運営をはじめ、2008年5月より公式開業(予定)の、世界的にも例のない脱環境汚染物質を掲げた会員制のロハスリゾートとのことです。

転地療法って僕はあまり聞きなれない言葉だったのですが、以下のようなことを指すらしいです。

転地療養とは、住み慣れた土地を離れて別な環境に身を置き療養すること。
かつては、治療方法が解明されていない病気等の治療に用いられた。
このため、裕福な患者を収容するための療養所(サナトリウム)や別荘地が、高原地域などに設置された。現代でもストレス性の症候(無自覚性のものも含めて)などに対して、転地療養の効果(転地効果)は認められているところである。
(wikipediaより)



確かにこういうのはいいかもしれないですね。大金を掛けて、外国の人工のリゾートに行くのもいいかも知れないですが、こういう自然を体験っていうのがいいかも知れません。更に(旅行会社の意向を無視して言うと、)わざわざツアーに参加しなくても、自分でキャンプに行くっていうのがお金も掛からなくていいかもですね。

ということで、以前に行っていたアンケートを以下に貼り付けておきます。投票結果も自由に閲覧可能ですので、気になる方は是非みてみて下さい。では!





無料アクセス解析



※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/03

アトピーを見分けることとアトピー


関連記事:「整体とアトピー

以前の記事でアトピーについて、「本人はとても気になっていると思いますが、周りはそんなことにはあまり気を向けていないということです」というような記載をしました。

僕は確かにそう思っています。アトピーが悪かった頃も、あまりアトピーの知識が無い友人等には「ケガしたのか?」とか、夏場であれば「日焼けがひどいね」というようなレベルでした。

以前に保湿剤をしっかり塗っていた頃、ちゃんと塗れているかを妻に確認してもらったことがあったのですが、その答えとしては「そこまで誰も見てないよ」ということでした。これは、人の性格にもよるところは大きいですが。

で、「周りの人はアトピーをそんなに気にしていない」ということについてですが、ちょっとだけ誤りがありますよね。

それは、アトピーである人。つまり、自分がアトピーであると、人のアトピーも気になるというか、すぐ分かってしまうということがあると思います。

僕も30年以上、アトピーという病気と闘ってきて、このブログも継続しているように、常に頭のどこかにはアトピーがある状態になっています。そうなってくると、顔が赤い人でもアトピーであるのかそうでないのかは、なんとなく分かるというか判断してしまっています。

それは確かに、そういう意識をして人と付き合っていればアトピーかどうかは分かるのかもしれませんが、無意識のうちにそういう判断をしてしまうような、それほどアトピーは潜在意識に入り込んでいるんだろうと思います。

ということで、今回もなんとなくな話で申し訳ないですが、では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/10/01

急な気候の変化とアトピー


関連記事:「気圧とアトピー

この土日は、ここ関東地方はびっくりするような寒さになっていました。秋が来た~という感じはしましたが、どうにも雨でちょっと気持ちも晴れない感じでした。

で、僕のアトピーの状況ですが、ちょっとかさつきが強くなってきました。アトピーの方は分かると思うのですが、「あ、これは悪くなる感じがする」という感覚があります。

原因はこの急激な天候や気温の変化だと思うのですが、具体的には以下のようなことも考えられるので、気をつけた方がいいかもしれません。

・気温低下により鳥肌がたっています。鳥肌がたっている時って、汗が出ないのはもちろんですが、かさつきも強くなる気がします。

・(以前に記事にもしましたが)雨で低気圧の時には、アレルギー系の病気が出やすくなるということで、気をつける必要がありそうです。

・秋に入る時のちょっと物悲しい感じ。僕は嫌いじゃないですが、人によっては精神的に落ち込む人もいるようで、それがアトピーに影響を与えることは十分に考えられます。

・(個人的なことかもしれませんが)エアコンを「冷房」の利用から「暖房」に変えることになりますが、最初は変な臭いがしました。掃除をしないと…悪い影響があるかもしれません。

などなど、季節の変わり目には気をつけるようによく言われますが、アトピーの場合には本当にそうだと思います。皆様もお気をつけて。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。