どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/12/28

アトピー商法とアトピー2


関連記事:「アトピー商法とアトピー」「プラシーボ効果です

アトピー商法と呼ばれているものにも様々なものがありますが、霊感商法によるものはかなり厄介だと思われます。

霊感商法に引っ掛かり、完全に信じてしまった場合、動く金額がとても大きくなることが多いのと、それを否定する人への反論や攻撃が行われることもあるからです。

更に厄介で霊感商法を複雑にしているのが、心底完全に信じてしまった場合、プラシーボ(プラセボ)効果によってアトピー等が治ってしまうケースも無くは無いと思われるからです。信じてしまうことによって、精神の安定が得られ、生活習慣も変わることなどによって「治る」ということは起こらないとは言い切れません。

ただ、その商法が完全に悪になるのは、嘘の誇大広告や莫大な収入目的によって行われている場合、その商法に引っ掛かった人への被害がとても大きくなる場合も当然往々にしてあるということだと思います。

2007年末に大きなニュースとなったものとしては「新世界」がありますね。
神世界「1500万円騙し取られた」 東京都に被害相談

「神世界」グループの霊感商法事件で、「娘のアトピー性皮膚炎が治る」などの名目で、同グループに1500万円の浄化料などを支払った東京都内の40代の主婦が「だまされた」と都に被害を訴えていたことが26日、分かった。


こういうニュースが昔からずっと続いていて終わることが無いのも「信じてしまう」という人間の不思議なところなのかも知れません。ただ…

同グループに関する都への被害相談は、すべて40~50代の女性。


ということが気になります。そこには何か理由があると思うのですが、対象となる方々には是非気をつけて頂きたいと思います。では!






無料アクセス解析


投票結果はこちら!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/26

クリスマスとアトピー3


関連記事:「クリスマスとアトピー」「クリスマスとアトピー2

2007年のクリスマスも終わりました。アトピーという病気とクリスマスには、何の関係も無いように思えるんですが、いつの間にか今回の記事がということになっていました。

まず、クリスマスとアトピーでは、クリスマスパーティ等でアトピーの子供にも食べさせられるようなケーキやお菓子の話題について書かせてもらいました。その次の、クリスマスとアトピー2では、そもそもケーキでは無くてお寿司でも十分に楽しめるんじゃないの?という話題でした。

で、今回はそういう風に自宅でのクリスマスパーティで、試行錯誤するということもアリだと思いますが、アトピーとかアレルギーで悩んでいる同士で集まって、クリスマスパーティをするのもいいんじゃないの?という話題です。

当然、そのパーティで出される食べ物はアレルギーに配慮したものではありますが、それ以上に同じ病気で悩んでいる人との交流によって、新しい発見があったり、情報交換ができたりという二次的な良さがあるんじゃないかと思います。

また、そういう暗くなりがちな場をクリスマスパーティ(という名目)で、楽しく過ごしてしまいましょうということもかなり良いイベントなんじゃないでしょうか。

楽しい場ではしゃいで無理をしてしまうような子供がアレルギーを起こしてしまったとしても、その場には慣れた人たちもいるわけですから、自宅で一人でオロオロしてしまうようなことも無く対処が出来るようなこともあるかもしれません。

そんなことを考えながら、このニュースを見ていました。
食物アレルギー心配ないよ 浜松市中区のホテルでクリスマスパーティー

食物アレルギーに悩む子どもらのために、原因物質を徹底して取り除いた食事をそろえたクリスマスパーティーが24日夜、浜松市中区のホテルコンコルド浜松で開かれ、約50人が安心して一流の味を楽しんだ。



何か、僕の時代にも気軽に参加できるようなこんなイベントがあったら、楽しかっただろうなぁと思って、ちょっと羨ましい気もするニュースでした。では!





※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/24

リビングフードとアトピー


関連記事:「SODとアトピー


アトピーに関する治療法とか、健康に関することを調べていると、新しい言葉に遭遇しますね。

今までも、デトックスとかSODとか。多分、女性の方々はよくご存知なんだろうと思いますが、普通に会社で仕事をしていると、なかなか出会わない言葉です。

そして、今回新しく知った言葉がこのリビングフードという言葉。
リビングフードとは何かというと…

加熱せずに生で食べる食のスタイルの事です。
食材に火を通さない事でビタミン、ミネラル、そして現在話題の食物酵素が壊される事なく摂取できます。欧米では、ハリウッドのセレブをはじめとして有名なスポーツ選手、またヨガ人、そして健康を大切にしている人達の間では常識となりつつあるものです。また、ベジタリアン、マクロビオテックの人達もかなりリビングフードに移行し始めています。
リビングフードジャパンより。


ちなみに…同じようなグループとして、日本リビングフード協会というものもあるようです。

とにかく日本ではまだあまり広まっていないようですが、諸外国では有名で、健康に良いということですね。

で、そもそもこれがアトピーに関係するのかどうかというところなのですが、こんなニュースを目にしました。

日本初!非加熱料理のリビングフード専門店
このリビングフード専門店ができたというニュースの中で語られているのが、以下のようなこと。

「堅苦しく考えず、非加熱ならではの味と食感、鮮やかな色を楽しんでほしい」とオーナーシェフのいとうゆき氏。アトピー性皮膚炎などに悩んだとき、アメリカでリビングフードを学んで健康を回復した経験から、日本で普及させたいと店を開いた。気軽に取り入れてほしいとの思いから、加熱した料理も豊富に用意する。


上記のとおり、オーナーの方は、リビングフードによりアトピーを治したというような記載があります。

確かに、人工的な調味料や具材を使うのではなく、そのまま食べられる新鮮なものを、そのままの形で食するというのは、原始的ではありますが、本来あるべき姿なのかもしれませんね。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/22

ドクターフィッシュとアトピー


関連記事:

アトピーを経験し、更にその治療法を色々と調べてみて、何となく思うのは人間も自然の一部なんだなぁということ。今まで記事として書いてきたものも、人工的な手段や薬に頼るものが多かったと思うのですが、今日はちょっと違います。

ドクターフィッシュってご存知でしょうか。ガラ・ルファという魚の通称らしいのですが、こんな特徴があります。

温泉に入ったヒトの古くなった角質を食べる習性があり、それによってアトピー性皮膚炎・乾癬など皮膚病の治療効果があるとされるため、「ドクターフィッシュ」の通称で知られる。


一度は見たり聞いたり(もしくは体験されたり?)したことがあるのではないでしょうか?

僕もたまにテレビとかで紹介されているのを見て、「これはやってみたい!」と思うのですが、実際どこでどうやったらできるのかとか、もしくは購入ができるのか?がイマイチ分かりませんでした。

で、ちょっと調べてみると、最近は意外に普通に、スーパー銭湯みたいなところで体験ができるようになっているんですね。例えば…

大江戸温泉物語
スパリゾート ハワイアンズ
横浜みなとみらい 万葉倶楽部

などなど。僕も行こうと思えば、(もしくは関東圏に住んでいる方であれば)一時間以内で行けるようなところばかりですね。

また、こちらのドクターフィッシュ専門の企業では、モニター制度を実施されているようです。
ドクターフィッシュ 株式会社エコマネジメント

魚が自分の皮膚を食べている感覚とか、どんな感じなのかかなり興味があります。機会があれば、是非体験して、報告したいと思います。では!

究極!フィッシュエステお手軽パック30匹【総合卸値オンラインショップ Tokusyo通販】
究極!フィッシュエステお手軽パック3...
59,800円
商品ページへ
Ads by 電脳卸

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 治療法 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/20

ビタミンB12とアトピー


関連記事:「亜鉛とアトピー」「メラトニンとアトピー

サプリとかに詳しい人であれば、当然のことなのかも知れませんが、僕的にはちょっと気になる話がありました。

学習機能改善の健康食品「リブラGreen」を病院の売店に拡販

同製品は、“赤い最新のビタミン”として注目を集める“ビタミンB12”を主成分に、相乗効果を高める成分として、(~中略~)“ビタミンB12”の研究を40年以上行っている村上幸雄氏が処方した。



要は単にこんなサプリメントを発売しますよというだけのニュースなのですが、その記事の中で謳われている「ビタミンB12」の効果としては以下のようなことが挙げられていました。

・一般的には、認知症を改善する健康食品として知られる
・子供の集中力をアップさせ、学習能力を改善
・精神的問題が原因の不登校などを解消

つまり、脳に働きかけ、更には精神的な問題の解決の助けになるというような記述です。確かにアトピーが精神的な問題に深く関係している場合も多くあるのは事実だと思いますし、心療内科で処方される薬によってアトピーを改善させるという例もあるようです。

このビタミンB12というのが、そういう効果も持っている可能性があるというわけです。そして、決定的な記述がこれ。
・免疫機能の正常化によりアトピーを改善
精神的な話云々じゃなくて、ビタミンB12には免疫機能を正常化させる効果もあるということ。

で、このビタミンB12にかなり興味を持ったので、ちょっと調べてみました。

ビタミンB12が欠乏すると、どういうことが起こるかというと、だるさやめまい、動悸、手足のしびれという(よくある)症状と共に、神経過敏になることがあるということ。つまり、アトピーの原因の一つにもなるのかもしれません。

更に気になったのは、このビタミンB12は動物性食品(肉・魚・卵・牛乳など)に多く含まれるということ。(簡単には欠乏しないということですが、)健康のため、もしくはアトピー治療のために、野菜のみのベジタリアン食生活をおくっていると、このビタミンB12欠乏による症状が発生する危険性があるということです。

なるほど、要はバランスの取れた食生活が大事ってことじゃないでしょうか。では!




※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (2) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/18

クリスマスとアトピー2


関連記事:「クリスマスとアトピー


クリスマスが近づいてきています。休日等に街に出かけると、これでもか!というくらいにイルミネーションが輝いていますね。おっさんになった今でもそういうものを見ると、ワクワクするし、ケーキを見ると楽しみになってきます。

子供であれば、それはなおさらで、一年がとても長く感じていたあの頃であれば一年に一度しかないクリスマスというのは本当に待ち遠しいものだと思います。

前回の記事では、クリスマスパーティ等で食べる「ケーキ」の素材として、アレルギーを起こさないようなものを使うという方法で、何とかケーキを食べる楽しみを感じてもらう試みがあるということを書きました。

それも確かによい方法だと思うのですが、もう一つの方法だと思えるのがこれじゃないでしょうか。
「お寿司のXマスケーキ」販売 アレルギー対策と鈴田峠農園


大村市中里町の農産物直売所やレストランを運営する「鈴田峠農園」(高以良康雄社長)は、アトピー性皮膚炎などアレルギー体質でケーキが食べられない子どもたちのために「お寿司のクリスマスケーキ」の注文販売を始めた。



要は、ケーキとは呼んでいますが、形をケーキっぽくしたちらし寿司みたいな感じのものだと思います。

更に言えば、僕が思うのは、別にケーキに近づけなくても、お寿司とか高いもの(でも栄養があって、アレルギーの心配のないようなもの)で、普段はなかなか食べれないものであれば、特別な気分が味わえて、満足できるような気もします。(今の子供が本当にそうかどうかは分かりませんが…)

アレルギーの心配のある甘いケーキではなく、お寿司等でイベントを盛り上げて、子供を喜ばせる。これも一つの選択だと思いますが、いかがでしょうか。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/16

ロコベースリペアとアトピー2


関連記事:「ロコベースリペアとアトピー」「芸人とアトピー2

前回の記事、ロコベースリペアという商品に関する感想を書かせて頂いたのですが、早速みやっちさんから反応がありました。ありがとうございます。

前回ご紹介させて頂いたのはロコベースリペアという、クリームではありながらもかなり「硬い」というのが特徴的な保湿剤でした。

僕の評価としては、この「硬い」という特徴が、皮膚のバリアや保湿という面でかなり良いと思ったのですが、利用される方の中には硬すぎて使いづらいという意見も出ているようです。確かに、広く薄く使うには結構手間が掛かるのは確かですね。

ということで、このロコベースリペアの姉妹品としてロコベースリペア ミルクというのが発売されているようです。特徴であったその「硬さ」を無くしてしまって大丈夫なのかと思っていたのですが、みやっちさんからは、以下のような感想を頂いております。

遅くなりましたが、ミルクタイプの感想です。
個人的な感想ですが、ミルクタイプ単品では必要無いと思いました。
ロコベースリペアの下地にするのが基本方針のようですが、私はブレンドして使ったりしています。
伸びが良くなりますので、背中に塗布する等では有効かもしれません。
まぁ、ロコベースリペア単品で十分ですね(^^;


なるほど、確かに同じロコベースリペアということでブレンドして使うのはありかもしれません。広い範囲に使うために、ブレンドしてちょっと柔らかくするとかですね。

これは、かなり上級テクニックなんじゃないでしょうか。情報ありがとうございます。

また何か気付いた点など出ましたら情報入れますね。


いや、助かります。是非、宜しくお願い致します。

ということで、ありがとうございました。みやっちさん以外でも、もし利用された方がいらっしゃったら情報頂けると幸いです。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/14

ロコベースリペアとアトピー


関連記事:「芸人とアトピー2


これまで、特定の商品について「良い」とか「悪い(は、あるか…)」とかは、あまり記事にしてこなかったと思うのですが、ちょっと良さそうな商品だったので、紹介させて頂きます。

まず、保湿することを肯定するか、否定するかというところもありますが、なるべく保湿剤を使わないようにしている僕ではあっても、冬はやはり乾燥してしまって、さすがに使った方がいいというケースもあります。

で、つい最近なのですがこのロコベースリペアを買ってみました。

この商品に目を付けた理由としては幾つかあるのですが、まずは以前にも記事にした麒麟の田村さんがテレビで「めっちゃいいですよ!」って言っていたこと

それと、それを記事にした時にみやっちさんから以下のようなコメントを頂いたこと。

~(略)で、以前に買って放置中の商品を適当に漁っています。
その中にこの商品がありました。
@コスメの口コミ通りと思って大丈夫だと思います。
良い商品だと思います。自分もブログで紹介するつもりでした。


更には、たまたま行ったドラッグストアでの推薦ぶりが凄かったこと。などなどで、この商品を買ってみました。で、結果どうだったか?

僕の評価としても、かなりいいですね。

まず、持ち運びに便利なサイズであること。普通に働いていると、これは意外に重要だったりします。そして…

今までに使ったことの無いくらい粘り気のあるクリームです。言葉では表しにくいのですが、極端に言うと、粘土みたいな感じ。その硬い感じが確実に乾燥を防いでくれる気がします。コメントの中でみやっちさんが言われていましたが、ミルクタイプもあるようです。しかし、これがミルクとかローションタイプになってしまうと、他の商品と同じような感じがしますね。

この今までにない粘土のような硬い感じ。かなりいいんじゃないでしょうか。使ったことのある方は、是非感想を教えてください。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (2) |
  5. page-top

2007/12/12

きれい好きとアトピー


関連記事:「【1】アトピーの記録 幼少期

かなり前の記事で、こんなことを書いていました。

今、アトピーに関してよく聞くのは、幼少期の環境がとても重要だということです。幼少期の「ある時期」には「ある程度の雑菌のある環境」に居ないといけないというようなことを聞きます。


ある程度の雑菌と共存していくことが健康に繋がるということは、よく言われていることからも、自身の経験からも共感します。

腸内細菌で免疫力UP 「きれい好き」もほどほどに 食事やエアコンにも配慮を

食品添加物だらけの加工食品を摂(と)り、抗菌、除菌グッズに囲まれて生活する現代人。さきごろ『病気に強い人、弱い人』(幻冬舎)を書いた感染免疫学の第一人者で東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎さん(68)は、「生活環境そのものが病気にかかりやすくした」と指摘する。



経験的に思っていても、なぜなのかよく分からないこともあるのですが、清潔過ぎるのがよくない理由の一つとしては、まず「体を守っている菌等も殺されてしまっているから」なんですね。

回虫を体に飼うというところまではしないですが、やはり菌というのは重要な気がします。そして更に、日々生活をしていて思うのは、精神的な面でも外部からの多少のストレスは必要だということ。(これはもう何度も言い尽くしているので、これくらいにしておきます)

ただ、気をつけなければいけないのは、既に重症のアトピーになってしまっている場合。その場合には、まず体を守る皮膚を正常にしてから雑菌と闘うための抵抗力に目を向けていく必要があると思いますね。

雑菌との共存は、アトピーを治す手段ではなくて、「まずはアトピーを発症させない」ための手段であるという気がしています。皆さんのご意見はいかがでしょうか?では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/10

アトピー商法とアトピー


関連記事:「あとぴナビとアトピー」「何事も自分で責任を持つことが必要です

一時期、かなり騒がれた悪質な「アトピー商法」もしくは「アトピービジネス」がまたまた増えているようです。

アトピーが社会問題として取り上げられ、それに対する様々な治療法が出始めた頃は、一般的に消費者の知識が無かったりということもあって、騙される人も多かったというのは仕方が無いと思います。

その後、一般的にも様々な本やネット上の知識などによって、正しいかどうかを判断するための情報も流れているとは思うのですが、こんなニュースが掲載されていました。
アトピー商法、トラブル急増

「必ず治ると書いてあるのに効かない」「商品の値段が高すぎる」――。アトピー性皮膚炎を巡るトラブルが後を絶たない。アトピーに悩む患者の増加を背景に国民生活センターに寄せられる苦情・相談件数は急増しており、同センターは「悪質業者は医師資格が無いのに断定的に効果をうたい、料金が高額であるケースが多い」と注意を呼びかけている。


とのこと。思うに、様々な情報が流れている一方で、インターネット等からも気軽に治療の商品の購入や申し込みが可能になっているため、絶対数の大幅な増加があるんじゃないかとも思います。

同センターによると、全国の消費生活センターに寄せられるアトピー性皮膚炎を含むアレルギーに関する相談件数は、2006年度は945件と04年度から約3割増加。今年度も11月現在で昨年度同期を1割以上上回る568件に達している。


更にいってしまうと、(これを言ったら元も子も無いのですが)苦情・相談先に関する情報も様々な媒体で周知されてきており、消費者がすぐに相談できる状態にもなっているような気がします。これは喜ばしいことですが。

記事にして取り上げているものは、内容を正確に書いているつもりですが、このブログに貼ってあるアフィリエイトの中には、自動更新で表示しているものもありますので、もしかするとおかしなものもあるかもしれません。

やはり人に頼るという意識を無くす努力をして、自己責任であるということを認識することも大事なんじゃないかと思いますね。厳しい言葉かもしれませんが、自分を守るためにはそれしか無いと思ってます。

ちなみに、もしもの場合の国民生活センターはこちら。
国民生活センター

以前から実施しています、アトピー治療で「騙された!」と感じたことはありますか?という投票フォームを置いておきます。気になる投票結果も自由に閲覧可能ですので、是非!では!





無料アクセス解析



※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/08

ひび割れとアトピー


関連記事:「アンテドラッグとアトピー


こちらの「ひび」や「あかぎれ(ちなみに漢字は皸)」に効くという商品は、TVのCMでも流れていますが、本当に以前の自分の症状を思い起こさせるようなパックリと割れた皮膚を広告として利用されています。

以前のアトピー重症の頃には「ひび割れ」専用の薬というのはあまり売っていなかったような気がしています。特に気になっているのは、この薬の注意にも書いてありますが、以下のようなこと。

使用上の注意:・傷やはれもの・湿しん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。・赤み、はれ・かゆみ・しげきなどの異常が現れたときは、すぐにご使用を中止し 専門医等にご相談ください。


悪くなったら専門医に…というのは、当然のことですが、傷やはれもののある部位には使ってはいけないということ。

この薬自体、ひび割れの傷部分に塗る薬だと思うのですが、どうなのでしょうか。そして、傷口に薬を塗ることは絶対に刺激になると思われるのですが…

ひび割れになった場合、その指を動かすことも苦痛になりますが、当然水を使ったり手を洗ったりすることも辛くなってきます。アトピーで傷になった部分を早く治すには、「皮膚を乾燥させる」ことと「清潔に保つこと」という、ひび割れには難しい状態を保つ必要があると思います。

水を使って清潔に保つ必要はあるけど、しみるし、雑菌が繁殖したら治りにくくなるし…

ということで、経験からいうと、殺菌効果があって、傷口をカバーするような機能があって、更にはしみないで、すぐにかさぶたにしてくれるような薬が欲しいと思いますね。難しいのかもしれないですが…では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/06

米ぬかとアトピー


関連記事:「甲田式小食療法とアトピー
キャベツダイエットとアトピー
食う寝るとアトピー




米ぬかが肌にいいということは、多分皆さん聞いたことがあると思います。

僕も小さい頃からそんなことは聞いたことがありましたし、言わばおばあちゃんの知恵袋的なもので、昔の人が経験から言っているんだろうなぁという程度でした。最近は、米ぬか自体をあまり見ませんし、自分自身もあまり使ったりはしていませんでした。

で、先日見たニュースによると…
米ぬかで「かゆみ」抑制、東大教授ら抗アレルギー実証

米ぬかに含まれる成分に、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを引き起こす「IgE抗体」にくっつき、炎症作用などを抑える働きがあることを東京大の尾崎博教授、東京海洋大の潮(うしお)秀樹准教授らが突き止めた。天然成分に由来する新しい抗アレルギー薬につながると期待される。


ということで、完全になめてました。

…と、割と平静を装って言ってますが、これは意外に凄いことじゃないかと思います。米ぬかは、あのヌルヌルさで単に肌に潤いを持たせるだけではなく、炎症を抑える作用が備わっているということです。更に米ぬかに含まれているγーオリザノールというものには…

米ぬか成分のうち、紫外線吸収、抗酸化作用などが報告されていたγ(ガンマ)―オリザノールに注目。研究チームは、この成分が腸などの炎症を抑えることを確認。アレルギーにも効果があるか動物や細胞での実験で調べた。


ということなのです。まず、紫外線吸収とか抗酸化作用も凄いですが、腸の炎症を抑えるということです。アトピーが腸に関係しているということは言われていますし、記事にしたこともありますが、この米ぬかはアトピー対策のために(今更ですが)生まれてきたような成分なのですね…

これは、最近見たニュースの中でもかなり価値の高い情報じゃないかと思いますが、いかがでしょうか。是非、感想とか頂ければと思います。では!


※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/04

新たなたんぱく質の発見とアトピー


関連記事:「免疫抑制機能とアトピー」「遺伝子治療とアトピー

本当に最近は医学も日進月歩、凄いペースで新たな発見や対処法の発見が行われていますね。ついこの間も、同じような感じ(あんまり詳しく分からないので、こんな言い方になってますが)のニュースを見たと思ったのですが、今度はこんなニュースです。

花粉症やぜんそくに朗報、発症関与の新たんぱく質発見

花粉症やぜんそくなどのアレルギー疾患の発症に関与する新たなたんぱく質を、理化学研究所の研究チームが発見し、3日の米科学誌「ネイチャー・イミュノロジー」(電子版)に発表した。
日本人の約3割は何らかのアレルギーに悩まされているとされ、このたんぱく質を制御することで、新たな治療法の開発が期待される。


ただ、今回のニュースは取材の精度が甘いのか、あんまり突っ込んだ情報が書かれていないわけです。これを見て質問したいことは色々と浮かんでくるのですが、結局こんな終わり方でニュースの掲載は終了していました。

アレルギーの症状は、体に入った異物(抗原)に刺激された特定の細胞から「ヒスタミン」という物質が分泌されて起きる。ヒスタミンは、細胞内のカルシウムが多くなると分泌されることが知られているが、カルシウム量がどのような仕組みで制御されているのか、よくわかっていなかった。


まず、僕としての新たな発見というか、知らなかったことは、ヒスタミンは、細胞内のカルシウムが多くなると分泌されることが知られているというところです。これは僕には知られていませんでした。

ニュースとしての結論がちゃんと書かれないまま終わってますが、結局はこのヒスタミンを分泌するカルシウムを抑制、もしくはコントロールするたんぱく質を発見したということなのでしょうか。とにかく、このたんぱく質をうまく制御できる薬ができれば、花粉症やぜんそくと共にアトピーにも効果はあると思われます。

本当に僕らの次の世代は、アトピーがなくなってるかもしれませんね。そんな希望を抱いております。では!
※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2007/12/02

一番とアトピー


関連記事:「」

「一番」、つまりトップに君臨することと、「そうでないこと」には大きな差がありますよね。

最近登録させて頂いたCoRichブログランキングというブログのランキングサイトで(2007/12/02現在ですが)病気とかのカテゴリで僕のこのブログが2位というランクになっています。

まあ、登録数も少ないカテゴリだとか、色々と意見はあると思いますが、2位というのはちょっと嬉しかったわけです。ただ、やはり一番であることとの差は大きいですよね、やっぱり。

で、アトピー関連で「売れている商品」というのも気になりましたので、ちょっと調べてみるとこんな感じです。こちらも2007/12/02現在の状態ですが。

■Amazonで一番売れているアトピー関連商品
これは、以前にも一度紹介させて頂いたかと思いますが、この本のようです。


■GoogleのI'm Feeling Lucky(アトピーで検索した際に最もヒット)で行けるサイト
リンクリストにも掲載させて頂いていますが、このサイトです。
アトピー性皮膚炎総合情報 あとぴナビ

■僕のブログのアフィリエイトで売上がもっとも高いサイト
僕のブログの…ってことで、あまりあてにされないかもしれませんが、こちらのサイトです。





ということで、(無理矢理ではありますが)僕もこれで一番!っていう何かを身に付けられればと思っています。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。