どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/11/10

重症度評価とアトピー2


関連記事:「重症度評価とアトピー

以前にも何度かアトピーの重症度を評価する方法があるというような記事を書かせてもらいましたが、最近またまた新しい方法が開発されたようです。

こういう方法の進歩というのは、以下のようなことが実現されることじゃないかと思います。
・まず、手軽に測定できること
・患者の負担にならないこと
・正確に測定できること
などなど。

常盤薬品、アトピー性皮膚炎の重症度の指標となるTARC測定方法を開発

ノエビアグループの常盤薬品工業は、アトピー性皮膚炎の重症度の指標となるTARCの新しい測定方法を開発しました。第38回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会にて発表


テープストリッピング※1を用いた、アトピー性皮膚炎の重症度の指標となるTARC(次頁参照)の新しい測定法を開発しました。これまでの血清※2を用いたELISA法※3によるTARC値は全身症状としてのアトピー性皮膚炎の病態の指標となりますが、本測定法を用いることにより、皮膚局所TARC値を測定することが可能となり、外用薬や保湿剤の評価に用いることが可能となります。


ということなんですね。測定対象は、以前にご紹介したものと同じTARC値というものらしいですが、その採取方法は、単純に粘着テープを皮膚に貼り付けるということらしいです。

体の様々なところにテープを貼り付けて、剥がすだけで各部位の症状の度合いが分かるということですね。更には、治療を続けていくことにより、その値がどのように変化していくのか?また、その治療による効果等も数値として管理していくことが簡単にできるようになるのではないでしょうか?

こういうことからアトピー治療が更に加速していくことを願います。では!

※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

2008/11/03

動画で見る情報とアトピー

アトピーの治療をする上で、様々な情報を集めるということは重要なことですよね。それが真実であるのかどうかを見極めるということも大事なことです。

色々と情報を集めていて、インパクトがあるというのはやはり実際に治っている状況の画像だったり映像だったりします。そんな中、アトピー治療に関してインパクトのある映像がありましたので、ご紹介します。

番組の真偽について色々と問題が出てくる前の昔の映像とはいえ、ニュース番組なので、ある程度の真実が伝えられているのだろうと思っています。
(映像の中の女性アナウンサーの様子から見て、かなり以前のニュースのようですね)

以下の動画をご覧下さい。



昔の映像なので、皮膚の状況がちょっと見えづらいというのはありますが、かなり回復されているようです。この短期間では脅威の回復なんじゃないでしょうか?治療の方法としては、以下の水によるものでした。

・強酸性水を皮膚につける
・アルカリ電解水を飲む

僕も強酸性水は使っていました。皮膚には沁みにくく、殺菌などの効果が期待できるということでした。それが直接的な要因だったのかは分かりませんが、確かに強酸性水を使っている頃からよくなっています。

ちなみに、僕の行っていた病院では(その頃は)強酸性水は無料でもらうことができました。ただ、その酸性は時間が経つにつれて弱くなってくるということで、定期的に貰う必要がありましたね。

この脅威の回復は確かにかなりインパクトがありますが、

・個人差は間違いなくあるということ
・やはり病院で医師と一緒に行っていくべき

なんじゃないかと思います。では!


関連記事:「風呂の入り方とアトピー」「アトピーは清潔が大事

強酸性水が、肌を再生

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 治療法 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。