どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2009/02/15

ガンとアトピー2


関連記事:「寄生虫とアトピー」「ガンとアトピー

花粉症の季節が近づいてきました。既に僕の場合、外に出たりすると涙が出てくるという状態になってしまっています…

ということで、ネット上でも花粉症対策の情報で溢れかえっていますが、そんな中でも気になる記事がありました。それがこれ。

日本の国民病「花粉症」に、“ガン予防の効果あり”という意外なメリット

以前に寄生虫とアトピーというエントリで、以下のようなことを書いたことがありました。

免疫細胞のTh1とTh2のバランスがあって、そのバランスによってガンになりやすい体質か、もしくはアレルギーを起こしやすい体質かが分かれるというような話を聞いたことがあります。



日本の国民病「花粉症」に、“ガン予防の効果あり”という意外なメリットという記事では、アレルギー体質であれば、ガンになりにくい体質であるということがはっきり書かれています。

花粉症を始め、喘息、アトピー性湿疹、食物アレルギーなどのアレルギー疾患は、通常は無害な物質や刺激に対して免疫システムが過剰に反応している状態です。(略)花粉症のようなアレルギー症状をもつ人で、いくつかのガンの発症が少ないことが報告されています。花粉症などのアレルギー症状をもつ人々は、アレルギー症状のない人と比べて、すい臓ガン、大腸ガン、食道ガン、胃ガン、口腔ガン、子宮体ガン、脳腫瘍などの発症リスクが低下するようです。例えば、花粉症の人は、すい臓ガンのリスクが57パーセント低下して、最も一般的な脳腫瘍である神経膠腫の発症リスクが45パーセント低下するという研究報告があります。


全体的な割合としては、ガンになる可能性は低いのかもしれませんが、全く無いということではないですよね。最近、アトピー体質の方の割合が増えてきたということで、将来的にはガンになる人が減ってくるのか…というと、そこまでのものではないような気もします。

更に、僕の場合、30歳を越えたあたりからアトピーの症状は良くなってきているので、もしかするとガン体質に寄って来ているのかもしれませんね…

そのあたりの微妙なバランスをうまくコントロールすることができれば、アトピーもガンも両方をうまくかわす、そんなことができるのかもしれません。では!

[PR] 安保徹の食べる免疫力―美・医・食同源 病気にならない最新の食事セラピー

※よろしければ、クリックをお願い致します!

スポンサーサイト
  1. permalink |
  2. 他の病気 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (2) |
  5. page-top


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。