どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/02/23

花粉症とアトピー

本日のアトピー状態:曇り
前回の記事「アトピーと白斑」の続きについては、ちゃんと書きます。でも、ちょっと待って下さい。

今回は花粉症についてです。最近、ちょっとだけアトピーの調子が悪くて、本日のアトピー状態も「曇り」にしています。これは引越し作業による疲れやホコリの吸い込み、更には暖房器具が使えなかったことによる冷えかと思っていたのですが、もしかすると「花粉症」も加わっているのかもしれません。

というのは、最近仕事でも外に出ることが多く、そろそろ花粉が飛び始めているというような情報がある屋外では思いっきり花粉を浴びている可能性が高いのです。

とにかく花粉症を含め、免疫系の病気というのは厄介です。少しでもアトピーが出ている状況にこのような花粉症が加わると、それが掛け算のようになり、坂道を転がり落ちるように発症することがあるからです。

また、免疫メカニズムについても色々なことを聞きます。花粉症とかについては、とにかく予防が重要で花粉に触れないことが重要だというような情報もあれば、「スギ花粉飴」のように少しずつ体内に花粉を入れることによって慣れさせたり、注射によって同様のことをすることもあります。アトピーも花粉症も複雑で、厄介で、更には両方が影響しあっているという本当に難しい病気です。

ただ、今年は花粉量が少ないらしいですが、これによりアトピーへの影響も少ないと嬉しいのですが…それでは!

[PR] 花粉症対策に蓮のちから


スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 他の病気 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/178-fb94b752


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。