どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/04/10

アトピー後とアトピー

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.5kg 体脂肪率16%


関連記事:「30歳で治る定説とアトピー


先日の記事の通り、僕は30歳前後でかなりアトピーの状態が良くなりました。血も出ていないし、僕的には完治に近いと思っています。

しかし、「アトピーの影」というのはアトピーほぼ完治後にもやってくるのです。これは、アトピーそのものではなく、アトピーによる後遺症のようなものです。幼児期や若い頃にアトピーが完治したのであればともかく、そうでない場合にはやはりアトピーの影響が体に残っているわけです。

それは、まず一つ目にはシワです。アトピーが重症だった箇所や間接部分には、やはり深いシワが残っています。そして、色素沈着。これはアトピーがどれほど重症だったかによるのかもしれませんが、僕は未だに色が黒いままです。こういうのは女性は特に気になるのかもしれませんね。

そして、皮膚の疾患という意味では(必ずしもアトピーと直接の関係があるのか分かりませんが)、僕の場合アトピーが強かった箇所に「白斑」も発症しています。

あと、アトピーが治ったのは「免疫が弱まったから」だということを信じるなら、それに伴って免疫力不足による病気に気をつけなければいけないかもしれません。

あと、僕は幸いなことに発症していないのですが、「網膜剥離」や「脱毛」なども起こる場合があるようです。

ホント、仕方ないことではあるのですが、アトピーが治った後もある程度残ってしまう病気もある可能性があるということです。

そして、(これはアトピー中でもそうなんですが)精神的な部分というのをしっかり持っていたいです。アトピーだったがゆえに形作られた性格みたいなものがもしあるとすれば、それは変えていくことも必要じゃないかと思います。では!
このサイトの管理者がまじめに商品を紹介しているサイトはこちら!
アトピー商品紹介サイト
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/208-c52337ab


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。