どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/04/22

自分なりの基準とアトピー2

本日のアトピー状態:晴れ時々曇り/ 体重変化-0.2kg 体脂肪率16%


関連記事:「自分なりの基準とアトピー


たまには、自分のブログの過去の記事を読むというのもいいですよね。
そうすると見えてくるのが、「数ヶ月前はこういうことを思っていたのか…」ということと、「次回に続きます!と言っておきながら続いていない記事」の数々です。

そのうちの一つ「自分なりの基準とアトピー」の続きを書きたいと思います。

アトピーと精神状態がとても密接に関係しているのは、これまでもずっと述べてきた通りです。特に成人になってからのアトピーというのは、内臓や皮膚もある程度強くなっているので外部的な刺激からの影響よりも内部的な(ホルモンのバランスとか)影響が大きいといわれています。
そんなことを踏まえて、「自分の今の精神状態がアトピーに良い影響を与えているかどうか?」の基準というのを自分なりに持っています。

「イライラしている時」や「何かに急かされている」ような時というのは、(そんなに良くないとは思いますが)極端に悪くならないんです。それよりも「何もやる気が出ず何もしていないが、漠然とした不安がある感じ」の時に悪くなる感じがします。

それを簡単な基準でいうと「掃除をしたいかどうか」という一言で(前回の記事では)言いたかったのです。言葉で書くとうまく表現しづらいですが、疲れているとかに関係無く、「ちゃんとしなくては」と思うかどうかというあたりに基準を持っています。

それが医学的にどうアトピーと関係しているかはあまり分かりません。もしかすると、交感神経系が優位になっているのが良い作用をしているのかもしれないし、単純に「掻いてしまっても、どうでもいいや…」という意識だけなのかもしれません。

ただ、これも僕なりの基準なので、みなさんに当てはまるわけじゃないと思いますので。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/213-5630a08c


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。