どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/05/18

性差とアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:

先日、テレビで女性専用の病院について放送されていました。女性医師のみが勤務しているその病院では、女性特有もしくは女性に多い病気への対応がとりやすかったりするのかもしれません。また、男性医師には病状を報告しづらいようなケースにはそのような病院がよいのかもしれません。

その放送の中で、「アレルギー疾患に対する薬の副作用は、女性の方が大きい」ということが言われていました。抗ヒスタミン剤などは、副作用として「眠気」などがあるということは渡される時に言われてきましたが、そうった作用は一般的には女性の方が多く出やすいとのことです。(知りませんでした…)

で、実際アトピー自体に性差があるというのは、あまり聞きません。しかし、喘息については男性の方が多いという報告もあるようですね。あと、(僕は知らなかったのですが)子供の頃は男の方が体が弱いというのは、一般的に言われていることらしいですね。

アトピーの症状自体に性差が無いとは言っても、やはり外見に表れる病気ですから、個人差はあるにせよ、女性の方が精神的には辛いのではないか?と思います。既に結婚をした30代男性の僕としては、仕事に支障が出ない限りは深刻には悩まないのですが、若い女性が重度のアトピーになっているのを見ると、悲しくなりますね。あまり深刻な話題に足を踏み入れたくはないのですが、やはり自殺も多いようです。

自分が男性に生まれた以上、性差があってもなくてもどうしようも無いので、今日の記事は「とりあえず、こんなことが一般的に言われてますよ」という報告だけでした。すいません、では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/230-4e03a00d


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。