どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/05/30

【8】アトピーの記録 大学入学後 初期その2

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.2kg 体脂肪率16%


関連記事:
【1】アトピーの記録 幼少期
【2】アトピーの記録 小学生時代
【3】アトピーの記録 中学生時代
【4】アトピーの記録 中学生~高校生時代
【5】アトピーの記録 大学受験前後
【6】アトピーの記録 大学入学直後
【7】アトピーの記録 大学入学後 初期


今でもそうなんですが、つくづく僕は「医者に行くのが嫌」なタイプの人間なんです。理由はやはり、酷い症状を人に見せたりするのが嫌(嫌とまではいかなくても面倒)ということかもしれません。これが進行してくると、外に出るのが嫌(面倒)になってきたりしますね。

大学時代、つまり一人暮らしを始めて、徐々にアトピーの症状も悪くなってくるのですが、やはりなかなか医者に行きませんでした。それが深刻な悪化に繋がってしまった一つの原因でもあったのかもしれません。親と同居していれば、症状を指摘され、嫌々ながらも医者に足を運んでいたかもしれないとは思っています。

大学時代も、ある時期から頻繁に通院、そして入院となるのですが、それまでは「自分でなんとかしたい」という思いが強かったように思います。

アトピーが進行してくると、自分なりの対処法を試してみたりしていました。バカバカしいことも含めて、こんなことをしていました。

「寝ない」
「風呂に入らない(洗わない)」
「痒い箇所ではなく、目立たない別の場所を掻く」
「ドライブに行く」

今回ちょっと長くなりそうなので、それぞれについては、次回以降に説明をしてみたいと思います。なお、あくまでこれは試してみたものであって、「間違い」も含む方法ですので気をつけて下さい。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 自分 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/236-f637b2fa


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。