どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2006/06/21

入院とアトピー

本日のアトピー状態:曇り/ 体重変化-0.3kg 体脂肪率16%


関連記事:入院してた頃
申し訳ございません。更新が遅れています。
そして、またまた更新してなかった時に限って、コメントを頂いていました。ありがとうございます。

今回は、( ´_ゝ`)さんからかなり長文のコメントを2件ほど頂きました。とにかく現在治療中で、どうやら入院をされているようですね。コメントにも、

でも最後は入院…出来るならそうしたほうがいい…(多分…自分は4ヶ月間までそう思う事が出来たので)



ということを書かれていました。そういう僕も、実は(これまで何度も言ってますが)入院経験があります。

ただ、アトピー専門の入院用病院で無い場合、つまり普通の大学病院などの場合、かなりの重症であるか、他の病院からの「紹介状」が無いと入院ができないというようなことを聞いたことがあります。僕の場合、たまたま紹介状を書いてもらうことができて、入院することができました。

そして、もう一つ。大学病院の場合、自分の治療が大学生の勉強の対象になってしまうということがあります。ただでさえ恥ずかしい裸ですが、さらにアトピーで恥ずかしくなっている状態を、若い男女の学生にまじまじと見られるわけです。(でも、そこまでハッキリと研究や勉強の道具にされると、恥ずかしさは通り越しますね)

結果、どうだったのか?つまり、入院がよかったか悪かったのかということですが、これは肉体的にも精神的にも良かったですね。詳細については、また僕のアトピーの記録みたいなもので書いていきたいと思ってます。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/247-9851c1d5


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。