どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/01/10

割れ窓理論とアトピー


関連記事:

割れ窓理論というのをご存知でしょうか?いうまでも無く、みなさんご存知だと思いますが、以下のようなことです。

軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。「建物の窓が壊れているのを放置すれば他の窓もまもなく全て壊されるだろう」との考え方から。
(WikiPediaより)



そして、これってアトピーを治す上で重要な気がします。(あんまり細かいことを突っ込まれると、困る点もありますが、大まかな考え方として捉えてください…)ただ、「割れ窓」と「割れた肌」っていうのが微妙に似ている感じがして、嫌な感じがするのですが、ポイントはそこじゃありません。

要は、ある程度アトピーが慢性化してくると、その大小は別にしても「あきらめ」が生まれてくるわけです。そうなってくると、ちょっと掻いてもたくさん掻いても同じだろうというような感じになってきますよね。僕はそうでした。

でも、そうなると治り辛くなります。特に日々の生活や食事に関係の深いアトピーは常に「治そう」という気持ちを新たにして、小さなことから頑張っていかないとなかなか治らないですよね。(ただ、そう思っても難しいっていうのもありますし、気にしすぎるのが悪化を招くようなこともあって難しいですが…)

ということで、割れ窓をキレイにして、心機一転して開始するには新年は丁度いいということで、僕もこれからちゃんと頑張ろうと思います。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/268-ae1f44f8


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。