どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/04/20

気象病とアトピー


関連記事

最近、本当にごく最近ですが、気温とか気候の差が激しいです。
またまたネットニュースを見ていたら、こんな記事がありました。

気象病に注意

日本気象協会北海道支社は20日、21日午前から午後にかけての短時間に気温が急上昇し、体調不良や気分が落ち着かないなどの「気象病」が起こる可能性があるとして、「車の運転や、夫婦げんかに注意を」と呼びかける異例の気象情報を出した。



車の運転や夫婦喧嘩に…というところが気になりますが、そもそも「気象病」とは何なのでしょうか?何となくの予想はできるのですが、あまり聞き慣れなかったこの言葉もちょっと調べてみました。

気象病とは、「気象の変化あるいは一定の気象条件によって症状が悪化したり、発作が誘発されたりする病気」ということで、リウマチ性疾患、神経痛や気管支喘息が該当するということです。

そして、アトピーに関してはあまり明確な記載は見つけられませんでしたが、(喘息も入っていますし)恐らくこの気象病に近いところにあるのではないかと思っています。

そもそもアトピーは外気の温度等に合わせて汗を出したりすることがうまくできないということもあります。暑い日なのに、鳥肌が立っていたり、極端な冷え性だったり…

何よりの証拠として(確かに年度の変わり目で仕事が色々あったり、飲み会が増えているということもありますが)、僕のアトピー症状はちょっとだけ悪化してしまいました。

寒暖の差が激しい日々、皆さんも気をつけて下さい。では!











スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 他の病気 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/320-96e2ba67


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。