どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/06/07

日焼けとアトピー3


関連記事:「シミとアトピー」「日焼けとアトピー2」「日焼けとアトピー

またまた、この季節がやってきました。強い日差しと周囲の人の肌の露出具合によって、「夏だなぁ」とウキウキする反面、汗による痒さやあまり肌を露出したくないという気分が出てくる頃です。

そしてもう一つ重要なのが「日焼け」への対策です。ネット上でも日焼けについて調べると、嫌というほど多くの情報や「紫外線がメラニンを…」みたいな、結局どうでもいい情報も沢山あります。

で、結局アトピーの人はどうすればよいのか?っていうことなんですが、僕の考えを書きたいと思います。

アトピーで問題になってくるのは、「紫外線を防ぐ」ということと「肌の痒さを抑える」の二つをどう両立するか?ということだと思います。

・一番ベストなのは、何も塗らず日光に当たらないようにすること。でも、それは難しいかもしれません。

・日焼け止めを塗るとなると、ある程度のアトピーの場合、「痒くならないようにする」というのはかなり難しいと思います。紫外線で肌を痛めるのとアトピーによる炎症によって痛めること。これがどれほどの違いがあるのか分かりませんが、僕の意見としては「肌に何かを塗るのではなく、服を着たり日影に入ることで日焼けを防ぐ」方がいいのではないかと思ってます。

・そして、アトピーの状態によっては「肌に塗っても痒くなったりしない、自分に合った日焼け止めを探すことができれば」それはいいことですよね。

ということで、日焼け止めを使っていくのであれば、SPFの数値とか、配合成分に惑わされずに「塗っても痒くなったり赤くならない日焼け止め」をテスターとか使って探すのがいいのかもしれません。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー対策 |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/340-d9ff5d74


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。