どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/07/09

汗とアトピー


関連記事

汗とアトピーが深く関係しているのは、当然皆さんご存知だろうし、(文字通り)肌で感じていることだと思います。

で、そういうことを色々と調べようと思っていたらテレビ欄に、以下のような記述を見つけました。日曜の朝にやっている「週刊!健康カレンダーカラダのキモチ」という番組です。

汗にスポットを当てる。汗には体温調節のほかに代謝を良くしたり、免疫力を上げる作用がある。だが良い汗と悪い汗があり、汗腺の関係で悪い汗が出る可能性がある。良い汗をかくための方法やトレーニング法などを紹介する。



が…日曜の朝7:00~ということもあって、見逃してしまったわけです。
(※番組の内容について、驚くような新情報があれば、どなたか是非教えてください)

これまでに知っていた「良い汗」と「悪い汗」というのは、以下のような感じです。
良い汗:水のようにさらさらしている。
悪い汗:体に必要なミネラルなども出てしまっており、ベッタリとしている。
しかも、悪い汗の方は外気が変化してかなり時間が経ってから出てくるようなことを聞いたことがあります。

(ここからは推測も含まれていますが)悪い汗とアトピーはかなり密接な関係があるような気がします。アトピー重症の際には、暑いと感じているのに皮膚には鳥肌がたっていたりして、なかなか汗が出ないことがありました。更にそれが悪い汗だった場合、体に必要な成分を出してしまい、べっとりとした汗によって炎症も起こしてしまうのではないかと思います。

変な緊張や、皮膚への刺激や炎症が、良い汗をかくことを妨げているということもあると思います。皮膚に刺激を与えないさらさらした汗をかく。そういう汗を出せるような汗腺をつくるトレーニングの季節ですね。夏は。ということで、では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 対策 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/359-8d07ea7a


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。