どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/07/15

自分を見ることとアトピー


関連記事:「写真とアトピー

今日は、本当に久しぶりにコメントを頂きました。ありがとうございます!このサイトにもカウンタを付けさせて頂いていますので、訪問している人が居るのは分かってるんですが、コメント・トラックバック共にゼロという状態が…ということを言っていても仕方無いのでやめておきます。

火星ねこさんからのコメントは、以下のようなものを頂きました。

ちょっと苦しくなるくらい・・・悲しくなるぐらい・・・、酷かった当時を思い出しました。酷かったときの写真をしっかり見れるようになったのは、ここ・・う~ん数ヶ月・・?(大げさかな)見るという勇気もなかった。



確かに前回の記事では、酷かったアトピーの時の写真が後で糧になる…みたいなことを書きましたが、まだアトピーが治ってから日が浅い場合、もしくは現在進行形の場合には尚更ですが、そんな写真は見たくはないと思います。

実際、僕の場合も重症の頃の写真って極端に少ないし、人から撮られるのはかなり苦痛だったことを覚えています。

前回の記事では、アトピーが治った側からの一方的な感覚で、写真を撮っておけば…ということを書いていたような気もします。鏡や写真を見ることによる精神的な苦痛をどうやって乗り越えていくか。これも一つの重要な問題ですよね。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

コメント

by 火星ねこ

【投稿日:2007/07/17 20:45】
こんばんは。
コメントへの返信ありがとうございます。
私は今でも、首や肘、肩の辺りにアトピーがありますが、
顔にアトピーがバッチリ出ていたときが
写真への抵抗。。。高校生のとき、プリクラとか・・写真とか良く撮る年代のとき、どばーっと出ていたから・・・
痒いし、赤いし、皮膚ははがれるように落ちるし・・・

う~~ん。上手くいえないのですが、
酷かった頃を忘れて、自分勝手に、我儘になってしまったとき、思い出して、気持ちを引き締めて、感謝を忘れない・・・。と、いうのは大切ですね。。。

アトピーに限らず、日々生かされていることへの感謝ですかね。
...編集

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/362-cc01403a


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。