どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/08/14

色とアトピー


関連記事:

様々な物の色が人間に与える影響というのは、何となくでも聞いたことがあると思います。例えば、

・赤色は、興奮させたり活発にさせたりする。
・オレンジは、人を引き寄せる効果があり、腸の働きも活発にする。
・緑色は、ストレスを和らげる。
・青色は、自律神経を沈静化させる。

などなど…
目の中の神経が色をハッキリ認識できるように、肌もその「色」というのは感じ取っているのではないでしょうか。感覚器として意識できるような神経には繋がっていないとしても、その色を感じることができるというのは、特におかしなことではないと思います。

(僕的にはあまり信じてはいないのですが、)風水などもそういう影響を考慮し、系統立てて作られたものなのかもしれませんね。

アトピー的に考えると、肌に触れる服の色というのは意外に大事な要素なのかもしれません。そして、今後ちゃんと医学的見地から考えて、実験をすれば「アトピーに良い影響を与える色」というのもあるのかもしれません。

本能的に、(単に僕が好きだというだけかもしれませんが)薄い青色や薄い緑がよさそうな気がしますね。気持ちが落ち着く感じがします。逆に原色に近い色というのは、ファッション的にどうこうではなくて、「着たい」とは思わないし、アトピー的にもあまりいい影響を与えなさそうですよね。

今回は本当に、まさに文字通り感覚的な話でしたが、では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アイデア × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/383-a3a23be7


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。