どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/09/09

日傘とアトピー


関連記事:「日焼けとアトピー」「日焼けとアトピー2」「日焼けとアトピー3

アトピーにとって、紫外線や外出した際に受ける様々な刺激は、アトピーを悪化させる要因になるということは当然のことです。

紫外線を防ぐために何をすればよいかというと、日陰に入ったり日焼け止めを塗ったりすると思いますが、もう一つあるのが「日傘」ですよね。

ただ、僕たち男性にとっては、紫外線はよくないとは分かっていても日傘をさすということにはちょっと抵抗があります。でも…

「男の日傘」人気じわり ネットの専門店にも注文殺到


日傘をさす男性が増えている。熱中症が相次いだ猛暑の中、「女性専用」だった日傘の効用に気づいたらしい。インターネット上の傘専門店には、全国から注文が殺到、百貨店にも問い合わせが相次ぐ。9月に入っても猛烈な残暑が続く日本列島。有害な紫外線(UV)への対策もあって、「男の日傘」はじわじわと人気を広げているようだ。


30代の僕としては、確かに日傘をさすのは抵抗があるのですが、その理由を考えてみると、単純に人の目だけなんですよね。今までの常識などに囚われた自分の意識だけの問題なので、体のことを考えると、日傘をさすのもありかと思っています。

大昔には、もしかすると雨傘でも男はさすものじゃないって頃もあったかもしれませんし、さらに前には動物と同じで傘は無かったかもしれませんよね。同世代の中ではまだまだ受け入れ難い男の日傘かもしれませんが、何年か後には当たり前のことになっているかもしれません。

先日の台風で折れてしまった雨傘の購入にあわせてちょっと考えてみようかと思っています。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/387-65e3c3ee


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。