どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/09/17

韓国とアトピー


関連記事:「リンクリスト 2007年版

またまた感覚的な話かもしれませんが、最近、韓国でのアトピーに関する情報をよく目にします。

まず、このブログにもコメントを頂いたハマ漢方皮膚クリニックは、漢方を用いてアトピー等のアレルギー疾患を治そうという韓国から来たクリニックです。

まあ、これに関してはたまたまだったのかもしれませんが、こんなニュースもありました。
ソウルの幼児、10人中4人がアトピー

ソウルに住む6歳未満の幼児10人のうち4人はアトピー性皮膚炎を患ったことがあることが分かった。



幼稚園児と小学生の3割アトピー、10年前の2倍韓国

韓国では、幼稚園児と小学生でアトピー性皮膚炎にかかっているこどもが約3割にものぼることがわかった。教育人的資源省の調査によると、患者は10年間でほぼ2倍に増えた。



日本での正確な調査結果というのはあまり知らないのですが、韓国と同じような状況なのではないでしょうか。韓国のアトピー患者が多くて大変そうだなぁ~というのではなく、自分たちの日本の調査も行い、対策をすべきですよね。

というのも、韓国ではいち早く、以下のようなことが行われているようです。
喘息アトピー予防管理に27億ウォン支援

企画予算府は、喘息とアトピー皮膚炎などアレルギー性疾患が急激に増加することにより、これを予防管理するために27億ウォンを支援する事にした。



この金額がどれほどの効果を生むのかは僕には分かりませんが、日本でもそういった意識を持って頂いて、ある程度の対策を(打ちましたよ!というお知らせも)して欲しいと思いますね。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/396-f642bb5e


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。