どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/11/14

地域とアトピー


関連記事:「韓国とアトピー」「朝夕の違いとアトピー

前にも(しかも何度か?)同じことを書いたような気もしますが、韓国発のアトピーニュースを目にします。

韓国には行ったことが無いので、TVとかでちょっと目にする韓国イメージとしては、キレイな人が多いのと、整形がごく一般的に行われているということ。

そういう意識レベルであれば、確かにアトピーを何とかしようという動きが活発なのも頷ける気がしますね。それとも、韓国の環境の問題によって、アトピー患者が多いのでしょうか…何かご存知の方がいらっしゃれば是非情報を。

そして、またまた見つけたニュースというのは、これです。

ソウル市「アトピーのないソウル」プロジェクト推進

ソウル市が、アトピー疾患退治のために専門クリニックを設置するなど、「アトピーのないソウル」総合対策を推進する事にした。(略)また、来年にはソウル医療院にアトピー専門クリニックを設置した後、これを4大圏域別に拡大する事にし、2010年には総合研究治療機能を備えた「環境性疾患専門総合センター」に育成する事にした。(略)新居症候群などを無くすためにマンション工事に親環境建築材料を使用するよう誘導する事にした。


やはりこういう地域レベルで推進してもらいたいですね。こういうプロジェクトによって何億ものお金が動き、研究が発展し、助成金としてもサポートがあればうれしい限りです。

ちなみに、川崎市とかでは喘息患者への助成金制度はあるようですが、認定基準とかがどうなっているのかが気になりますね。

ただ、今の状況でアトピー患者へのサポートを行うには、(あまりの患者の多さに)ちょっと難しいかもしれません。以前の記事でも同じような終わり方をしたかもしれませんが、今後のこういう地域レベルでの動きに期待を持ちたいと思ってます。では!


韓国発 芸能人が使っているクリーム

韓国伝承植物配合 無添加の石鹸「ARUM de DAUM」
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/432-acd33cfa


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。