どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/12/08

ひび割れとアトピー


関連記事:「アンテドラッグとアトピー


こちらの「ひび」や「あかぎれ(ちなみに漢字は皸)」に効くという商品は、TVのCMでも流れていますが、本当に以前の自分の症状を思い起こさせるようなパックリと割れた皮膚を広告として利用されています。

以前のアトピー重症の頃には「ひび割れ」専用の薬というのはあまり売っていなかったような気がしています。特に気になっているのは、この薬の注意にも書いてありますが、以下のようなこと。

使用上の注意:・傷やはれもの・湿しん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。・赤み、はれ・かゆみ・しげきなどの異常が現れたときは、すぐにご使用を中止し 専門医等にご相談ください。


悪くなったら専門医に…というのは、当然のことですが、傷やはれもののある部位には使ってはいけないということ。

この薬自体、ひび割れの傷部分に塗る薬だと思うのですが、どうなのでしょうか。そして、傷口に薬を塗ることは絶対に刺激になると思われるのですが…

ひび割れになった場合、その指を動かすことも苦痛になりますが、当然水を使ったり手を洗ったりすることも辛くなってきます。アトピーで傷になった部分を早く治すには、「皮膚を乾燥させる」ことと「清潔に保つこと」という、ひび割れには難しい状態を保つ必要があると思います。

水を使って清潔に保つ必要はあるけど、しみるし、雑菌が繁殖したら治りにくくなるし…

ということで、経験からいうと、殺菌効果があって、傷口をカバーするような機能があって、更にはしみないで、すぐにかさぶたにしてくれるような薬が欲しいと思いますね。難しいのかもしれないですが…では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/439-6749e8fd


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。