どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2007/12/04

新たなたんぱく質の発見とアトピー


関連記事:「免疫抑制機能とアトピー」「遺伝子治療とアトピー

本当に最近は医学も日進月歩、凄いペースで新たな発見や対処法の発見が行われていますね。ついこの間も、同じような感じ(あんまり詳しく分からないので、こんな言い方になってますが)のニュースを見たと思ったのですが、今度はこんなニュースです。

花粉症やぜんそくに朗報、発症関与の新たんぱく質発見

花粉症やぜんそくなどのアレルギー疾患の発症に関与する新たなたんぱく質を、理化学研究所の研究チームが発見し、3日の米科学誌「ネイチャー・イミュノロジー」(電子版)に発表した。
日本人の約3割は何らかのアレルギーに悩まされているとされ、このたんぱく質を制御することで、新たな治療法の開発が期待される。


ただ、今回のニュースは取材の精度が甘いのか、あんまり突っ込んだ情報が書かれていないわけです。これを見て質問したいことは色々と浮かんでくるのですが、結局こんな終わり方でニュースの掲載は終了していました。

アレルギーの症状は、体に入った異物(抗原)に刺激された特定の細胞から「ヒスタミン」という物質が分泌されて起きる。ヒスタミンは、細胞内のカルシウムが多くなると分泌されることが知られているが、カルシウム量がどのような仕組みで制御されているのか、よくわかっていなかった。


まず、僕としての新たな発見というか、知らなかったことは、ヒスタミンは、細胞内のカルシウムが多くなると分泌されることが知られているというところです。これは僕には知られていませんでした。

ニュースとしての結論がちゃんと書かれないまま終わってますが、結局はこのヒスタミンを分泌するカルシウムを抑制、もしくはコントロールするたんぱく質を発見したということなのでしょうか。とにかく、このたんぱく質をうまく制御できる薬ができれば、花粉症やぜんそくと共にアトピーにも効果はあると思われます。

本当に僕らの次の世代は、アトピーがなくなってるかもしれませんね。そんな希望を抱いております。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/442-8f84254f


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。