どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/01/15

乳状フォームとアトピー


関連記事:「ロコベースリペアとアトピー2


保湿剤は今まで様々なものを使ってきましたし、やはり症状がよくない時には「これがいいんじゃないか」とか「これも試してみよう」という感じで色々なものを買っていました。(そして、症状がよくなった今、その幾つかは残ったままになっています)

で、保湿剤の成分はここで簡単に記載できるような数では無いと思うのですが、固体に近いか液体に近いかという種類分けはある程度できると思います。

今まで使ってみたものをちょっと挙げてみると…

・粘性の強いクリームタイプ
例えば、最近使ったロコベースリペアとかがこのタイプだと思います。肌への浸透が少なく、あまり滲みずに、肌をバリアしてくれそうです。

・普通のクリープタイプ
今まで僕はこのタイプを使うことが多かったように思います。乾燥しにくいので、長く保湿できるのではないでしょうか。ただ、広範囲には使いづらいですね。

・乳状タイプ
広範囲に塗れるタイプですが、乾燥しやすいのと滲みやすいのではないかと思います。

・ローションタイプ
これは乾燥しやすいイメージと滲みやすいイメージが強く、アトピーが重症の時には全く使っていませんでした。

という感じで何となく分かれると思うのですが、もう一つ僕が使ったことが無いものがあるようです。

それは、乳状フォームというもの。フォーム(泡)で保湿剤が出てくるっていうのは、あまり考えられなかったのですが、最近はそういうものもあるようですね。成分としては乳状タイプと同じだと思いますが、手軽に更に広範囲に使えそうな感じがします。

あと、実際の効果には関係なくですが、プシューって泡で出てくると何か面白そうな感じがします。こういう保湿剤だけではなく、もっと他のものもフォーム状にすることで、便利になったり使いやすくなったりするんじゃないでしょうか。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 商品 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (1) |
  5. page-top

コメント

by はじめまして

【投稿日:2008/01/23 04:33】
ブロッサムと申します。

アトピーについて書いています。

アトピーが治るかもしれません。

よかったら遊びに来てください。

...編集

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/461-438123dd


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。