どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/01/21

母の重要さとアトピー


関連記事:「笑う母の母乳とアトピー」「アトピーにとって悲しいニュース

子供のアトピーや喘息などの免疫の強さと、母親の育て方が関係しているというのは、確かにあり得ることかもしれません。ただ、アトピーは生後間もない赤ちゃんもなる病気ですので、その根本に体質が関係しているのは当然のことです。

短絡的な意見で申し訳ないですが、忍耐強く育てた子供と、すぐに切れてしまう子供のどちらがアトピーになりやすいかを何となく考えてみると、やはり「すぐに切れてしまう子供」なんじゃないかなぁと思います。簡単に言うと、甘やかした子供。

自分の好きなものばかりを食べていたり、自分の好きなように遊んでいたり。でも、子供とはいえ、やはり思い通りに行かないこともあると思います。そんな時に、すぐに感情的になり、精神が安定していない状態になっていると、やはり免疫的にも安定してないんじゃないかなぁと思います。

そんなことも思いながら、ちょっと目にしたニュースがありました。(今、書いたこととは直接的に関係するわけではないのですが)
母のストレスで子がぜんそくに=期間長いと確率高まる-カナダの研究者

子供の幼少期に母親のストレスがたまっているとその子供がぜんそくになる可能性が高まる(略)その結果、母親の抑うつ状態が長期間続いた場合、それがなかった母親に比べ、子供が7歳時にぜんそくになっている確率が1.6倍にも上昇したという。


確かに気にはなるんですが、うぅ~ん、という感じはします。当たり前ですが、母親のストレスがあれば、子供の環境的にも当然あまりよくない状態だろうと思います。

しかも確率が1.6倍というのも微妙な感じがしますね。

更に言ってしまうと、この結果は「過去の診療記録を調査」したということなので、(まさかとは思いますが…)子供のぜんそくが原因で母親のストレスが溜まっていたという結果は無いんでしょうか?

素人の僕が言うのも何ですが、多分この結果は正しいんでしょう…でも、その母親のストレスというのは様々な原因や環境や子供自身との関係にも絡んでいる訳で、その母親の近くにいる子供に悪い影響を与えるというのは当たり前のような気がします。

ただ、間違い無いのは、子供にとって母親の存在は重要であるということ。これは、今後の僕としても心に留めておきたいことではあります。では!
スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. ニュース × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/465-d1d53404


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。