どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/02/06

光線療法とアトピー


関連記事:「」

全くの個人的な先入観で申し訳ないんですが、光線療法と聞いてもあまり興味がわかないのと、(これが一番なんですが)どうも怪しい感じが否めませんでした。

この光線療法というのは、かなり昔からある治療法なのではないかと思います。というのも、僕がかなり小さい頃にこの治療法を受けた覚えがあるからです。もしかすると、このブログでも一度書いたことがあるかもしれませんが、とても大きな機械(小さい頃にはそう感じました)から発する光の前に症状の出ている肌を出し、じっとしていた覚えがあります。

その結果、急激に治ったとか悪化したとかいうことは無かったと思うのですが、記憶にはしっかり残っていました。

で、久しぶりにこの光線療法という文字をネット上で見たので、ちょっと気になったのですが、どうやら最近は最先端医療として大学等でも研究が行われているようです。
名古屋市立大学と名城大学、学術交流に関する包括協定締結(名城大学)

光医療分野での技術に強みを持つ名古屋市立大学と、半導体発光素子や感光体・ナノ材料技術に強みを持つ名城大学が連携し、光医療工学のための先端機能材料開発拠点の形成を目指す。(略)光治療は、アトピー性皮膚炎などの難治性皮膚疾患や眼科疾患、内視鏡診断治療などにおける最先端医療として注目されている。



名市大と名城大が共同で大学院設置へ 光医療工学で連携協定

(略)環境と患者に優しい最先端の光医療工学の開発拠点づくりを目指す。名市大では、発光ダイオード(LED)などを使った光医療はアトピー性皮膚炎などの難治性皮膚疾患や眼科疾患、内視鏡診断治療への応用が進む。



へぇ~と思いながら、光医療とか光線療法って実際どんなものなのかを以下のサイトで見てみました。
日本光線療法協会

うぅ~ん。お客様の声として、アトピーの治療体験も豊富に掲載されています。また、この治療の方針としては確かにうなずけるものなのですが、アトピーに対して、急激な効果を求めても難しいんじゃないかというのが僕の印象です…

確かに、日光に当たって体を動かすことはアトピーにとてもいいことだと思いますが、光線器を買ってまで…というのは、どうなんでしょうか…では!

スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 治療法 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/472-0defe920


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。