どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/05/12

ペットとアトピー


関連記事:「きれい好きとアトピー

またまた気になるニュースとしてこんなものがありました。

犬を飼うと子どもが花粉症やぜんそくにかかりにくくなる、ドイツ研究

犬を飼っている家庭の子どもは、ぜんそくなどのアレルギーに対する免疫ができやすい。(略)
血液検査の結果、イヌを飼っている家庭の子どもでは、飼っていない家庭の子どもより、花粉アレルギーや吸入アレルギーになるリスクが低いことが分かった。
ハインリッヒ氏は、イヌの毛に付着して家に持ち込まれたさまざまな細菌に小さい頃から触れることで、免疫系の成熟が促進されると見ている。つまり、イエダニや花粉などに触れてもアレルギー反応を起こしにくくなるということだ。


なるほど。これは今までも聞いたことがありますし、記事にもしたことがあります。
子供の頃から細菌などに触れておくことによって、免疫を作っておくというもの。

しかし、このニュースに続く文がちょっと気になりました。

だが、そうした血液検査上の結果は「実際の症状」には符合せず、ぜんそくなどのアレルギーを持つ子どもは、イヌを飼っている家庭の方で多いという。これについてハインリッヒ氏は、「免疫系の利点は、被験者の子どもたちが成長するにつれて現れるのではないか」と考えており、被験者が10歳になった時点で再度調査するという。


へぇ~。これがまた、アトピーやアレルギーを複雑怪奇にしているものかもしれませんね…。子供の頃にそういう雑菌に触れておくことで免疫が形作られていくのですが、その時点ではアレルギーを発症してしまう。そして、それからある程度経ってからその免疫の効果は出てくる(可能性がある)ということなんですね。難しい…

長期的な観点から見ると、子供とペットを共存させるのは良いことなのかもしれません。更に別の観点からすると、癒しとか子供の動物を可愛がる心を育てるとかそういう意味でも良い感じはしますね。

ということで、少なくともペットについているダニとか毛とかを必要以上に気にして、ペットを近づけないということはしなくても良さそうです。

では!

スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 症状 × アトピー |
  3. trackback (1) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/496-803b1fd6

【ドイツ研究】についてブログや通販での検索結果から見ると… by 気になるワードを詳しく検索!

【受取日:2008/06/10 13:30】
ドイツ研究 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。