どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/09/09

使用前使用後とアトピー


関連記事:

これから書くことは、別にどこかの商品を攻撃しようとかそういうことではなく、本当に僕が心から感じることを正直に書くだけのことだとご了承下さい。

何かの通販番組とかで、その商品の凄さを説明する際に、過剰なヤラセに近いようなことが行われることを目にすることがあります。マッサージによるダイエット効果を示すために、マッサージ前はゆるく測っておいて、マッサージ後は締め付けるように胴囲を測るとか。細かいことを言えば、観客席からの「お~っ」とか「へぇ~すごい」とかいう言葉も一つのヤラセなのかもしれません。

ただ、(僕が見ないだけかもしれませんが)最近はあまりそこまでのものを見かけません。それはある程度消費者側も分かってきたのかもしれないし、企業的にも法令遵守を重視して正直であろうとしているのかもしれません。

そんな中、とあるサイトでアトピーの効果を示す(使用前・使用後の)写真を見ることがありました。

その写真は一見、アトピーがとても良くなっているように見えるのですが、同じ場所で撮影しているようなのに、明らかに壁や床の色が違うのです。そう、光の当て方が全く違う。つまり、光を当てることによって、アトピーの症状が分かりにくくなっているわけです。

そういうのを見てしまうと、買う気が失せるどころか、その会社への不信感とか怒りとかマイナス効果がものすごいと思うわけです。画像の加工なんかは自由にできるようになった今であれば、やるならもうちょっと考えてやって欲しいと思いますね。

(本当にやっていないかは別にして)Googleという急成長企業のポリシーとなっている「邪悪なことはしない」ということや、「法令遵守」や、「お客に対して正直なこと」が結果的には利益を生み出すのではないかということを肌で感じた出来事でした。

何かイマイチ、アトピーから離れた話題になってしまいましたが…まだアトピービジネスというものが世の中にはびこっているのなら、そういうものは無視していくのが一番です。では!

スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 思い × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/508-c8c1acf9


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。