どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/09/23

鳥肌とアトピー


関連記事:「急な気候の変化とアトピー」「汗とアトピー」「気象病とアトピー

夏も終わり、涼しい日が増えました。アトピーの場合、肌への影響がとても気になる頃ではあります。アトピーが悪化する方も多いのかもしれません。

こういう時期になぜアトピーが悪くなってしまうのか…理由は幾つかあると思いますし、人によっても違うと思います。例えば…

・涼しくなることによって、発汗の量が減り、肌がかさついてしまう場合
・台風の低気圧によって体調の変化をきたし、アトピーが悪化する場合
・雨とか涼しいとか昼が短くなってくるとかで、気分的に落ちてしまい、肌に影響が出てしまう場合

とかあると思いますが、涼しくなってくることで明らかに多くなるのは、(僕の場合)鳥肌が立つことが多くなること。もしくは、さぶいぼ。

まず僕の場合、なぜか普通の肌の人より鳥肌になりやすいような気がします。(肌が敏感な状態なのか…?)

で、鳥肌がなぜいけないのかというと、

・汗が出なくなる
・肌がギュッと緊張したような状態になり、かさついたり荒れてしまう
・かさついた所をちょっと掻くと、でこぼこしているので傷がつきやすくなる

などなどあると思います。まあ、鳥肌になること自体、どうしようもないこと(暖かくすればいいだけかもしれませんが)で、細かいことではありますが、逆の意味の縁の下の力持ちみたいな感じで影響は大きいかもしれませんよ。

これから秋・冬は暖かくすることにちょっとだけ気を配ってみてはいがかでしょうか。ホント、細かいことですけど。では!


スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. アトピー × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/516-7b9d99e6


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。