どうすればアトピー完治?

情報収集力でアトピーを治す!

メニュー
アトピー商品のご紹介



二重カウントなし
SINCE 2007.02.04
無料カウンター


RSS

■本ブログについて■
管理人のアトピー経験に基づき、他には無いアトピー情報を
  掲載するブログを目指しています。

■お知らせ■
同感できる内容であれば、是非、各記事の下にある
  「拍手」ボタンを押して下さい。

コメント・トラックバック・リンクは大歓迎です。
  ただ、アトピーに関係の無いものについては、管理者の独断で
  削除させて頂くことがあります。

相互リンクさせて頂ける方を募集中です。
  コメントもしくはメールにてご連絡下さい。


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. スポンサー広告 |
  3. trackback (-) |
  4. comment (-) |
  5. page-top

2008/10/26

魚の効果とアトピー

アトピーに魚が良いというのは聞いたことがあると思います。

アトピーとまで限定しなくてもアレルギー一般の症状や花粉症にも効果があるということを聞きます。で、その情報がおばあちゃんの知恵袋的な記憶からだけじゃなくて、それらの科学的な根拠もしくは、実験結果として聞くと更に安心感がありますよね。

こんなニュースを見ました。
魚を食べる乳児は湿疹のリスクが低い

生後9カ月までに魚を食べ始めた乳児は、湿疹の発現リスクが低いことが、スウェーデンの研究によって示された。


ということなのです。詳細データは、リンク先のニュースをご覧下さい。

更に面白いことに…

鳥を飼っている家の小児も湿疹の発現率が低く、これは、家の中で鳥を飼うことで、小児がエンドトキシン(病原体内に存在する毒素)に持続的に曝露されていたためと思われた。


へぇ~これは魚を食べるということとは全く異なるアプローチですが、そんな結果も出ているんですね。鳥に限定した話ではないですが、これまでにもある程度の汚れた環境で育つことで、免疫力が高まるということも聞いたことがあります。

ということで、このニュース記事では以下のように締められています。

生後5~6カ月ごろから、別の固形物と同時に、魚を少しずつ与えていくことを提案してる。



なるほど。成人アトピーに関してはあらゆる原因があると思われるので、この魚を食べるということにより大きな効果をもたらすということは難しいかもしれませんが(アトピーの時にも魚はよく食べてましたから)、摂取する食べ物の影響を受けやすい赤ちゃんや子供には効果があるかもしれませんね。

では!

関連記事:「エイコサペンタエン酸
アレルギー対応の食品(魚など)

スポンサーサイト

※よろしければ、クリックをお願い致します!

  1. permalink |
  2. 治療法 × アトピー |
  3. trackback (0) |
  4. comment (0) |
  5. page-top

コメント

コメントの投稿

コメントを非公開にする

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atopy.blog9.fc2.com/tb.php/521-2336391b


人気ブログランキング - どうすればアトピー完治?





あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。